またすぐに別れちゃった・・・失敗しやすい4つの恋愛タイプ!



せっかく彼氏ができても周りのカップルみたいにあまり幸せを感じられなかったり、すぐに別れてしまうことってありますよね。

恋愛が上手くいかないのは偶々ということもありますが、もしかするとあなたの恋愛タイプがそうさせているのかもしれません。

今回は、4つの恋愛タイプとその失敗パターンを紹介したいと思います。

自分がどのタイプに属しているのかを知り、失敗を未然に防ぎましょう!




■ロマンティックタイプ

これは、一目ぼれやフィーリングでお付き合いを始める方に多いタイプです。

自分は本気で恋愛しているつもりでも、実は“恋に恋している状態”なので、いざお付き合いを始めると「こんな人だと思わなかった・・・」と気持ちが冷めてしまいます。

ロマンティックタイプのあなたは、好きだと思ったら即行動に移すのではなく、まずは彼のことをじっくり観察するようにしましょう。

彼の趣味や性格をよく知った上で、それでも好きだと思ってからお付き合いを始めるようにしてくださいね。


■強迫観念タイプ

このタイプの人は常に彼氏の行動を把握していないと落ち着かず、何かと「振られたらどうしよう」という不安を抱えて生きています。

相手の気持ちより自分の気持ちの方が大きいことを自覚しており、そのアンバランスさに強迫観念を抱いているのです。

もしあなたがこのタイプなら、一旦気持ちを落ち着かせ、彼氏のことばっかり考えるのは止めましょう。

彼がこの世の全てだと思ってはいけません。他のことにも目をむける努力をしてください。




■理想の条件タイプ

好みのタイプを聞かれた時、即座に「学歴は~、年収は~、身長は~、性格は~・・・」とリストアップできるあなたはこのタイプかもしれません。

恋人を人柄ではなく、自分の中にある“恋人の条件”に合致しているか否かで選んではいませんか?

このタイプのあなたは、一度自分の中にある“理想の彼氏像”を捨ててしまいましょう。

条件から外れる度に怒ったりガッカリしては疲れてしまいます。恋愛は、条件でなくフィーリングが大切だということをお忘れなく。


■恋の下僕タイプ

ついつい彼氏に尽くしてしまう女性に多いタイプです。

最初は普通の恋人同士だったのに、いつの間にか“都合のいい女”状態になっていた・・・という経験のあるあなたは要注意。

恋愛関係において理想的なのは、何事も50:50であること。「尽くしていないと捨てられそうで怖い」なんて状態は恋人同士とは言えません。

“彼氏と彼女”から“ご主人様と下僕”にならないよう、彼の世話ばかり焼くのは控えてくださいね。




■おわりに

思い当たる節はありましたでしょうか。

どんなタイプにも、失敗パターンは存在します。

何度も同じ失敗を繰り返さないためにも、自分の恋愛タイプはきちんと把握しておきましょう。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】