実はとっても簡単!明日からあなたも雰囲気美人!



美人になりたいというのは世の女性みんなに共通する願いですが、整形までするほどではないし、かといって化粧で誤魔化すには限界がありますよね。

けれど落胆することはありません! “雰囲気イケメン”という言葉が存在するように、雰囲気で美人に見せることは可能なのです!

今回は、すれ違った男性が思わず「おっ?」と振り返るような雰囲気美人になるコツをご紹介しようと思います。

たったこれだけで、あなたの魅力もアップすること間違いなし!




■ゆるさを演出

服装や髪型に、一部「ゆるさ」を取り入れましょう。

キャミソールと胸元がゆったり空いたトップスを重ね着したり、毛先にだけゆるいパーマをあてるだけでOK。

また、ネックレスやピアスは動くとゆらゆら揺れるタイプのものにしましょう。

「ゆるさ」があると、男性の目は自然とそこに吸い寄せられてしまいます。上手に「ゆるさ」を取り入れて、男性の視線を独り占めしちゃいましょう。


■ゆるさ+ピリ辛

上手にゆるさを取り入れたら、それに「辛さ」を加えてみてください。

ゆるいファッションのときはハイヒールを履いてみたり、アクセサリーはドギツイ赤色を選んでみたり。

緩急をつけることで、全体のバランスが取れ、引き締まって見えます。つまり、「優しさ」と「デキる女感」を兼ね備えた女性だという印象を与えることができるんです。




■香りも大事

美しい女性はいい匂いがするものです。

「石鹸の香りがする女性はぐっとくる」と言われますが、雰囲気美人に見せるためには石鹸の香りは逆にNG。すれ違ったときふわりと香る、大人なフレグランスを身につけましょう。

つける場所は首筋等がメジャーですが、ウエストにつけると、動く度にうっすら香ってオススメです。


■やっぱり透明感

「透明感は生まれついてのものであって、自分で演出することなんてできない」

それは大きな勘違いです!

背筋をシャンと伸ばし、大和撫子な立ち振る舞いを心がければ、自然と美人特有の透明感は滲み出てきます。

“立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花”をモットーに、凛とした佇まいを意識しましょう。




■おわりに

こうして見てみると、“雰囲気美人”になるのはとっても簡単だと思いませんか?

早速あなたも明日からチャレンジしてみてください。

雰囲気美人な行動を心がけているうち、本当の“美人”に生まれ変わっているかも!?
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】