男性ドン引き?オーガニック女子の行き過ぎた行動!



「オーガニック」という言葉に心惹かれる女性は多いでしょう。自然さとおしゃれ感を兼ね備えたオーガニックを取り入れれば、健康で美しい女性になれそうですよね。

けれど、女性のあまりにも「オーガニック」にこだわりすぎる姿には、男性もたじたじ。

今回は、男性の心を遠ざける「オーガニック女子」の行動をご紹介したいと思います。




■オーガニックを押し付ける

すっぴんメイクが男性に人気なことからも分かるように、本来「オーガニック女子」は男性から受け入れられやすいものです。

けれどあまりにも「オーガニック」にこだわりすぎて、恋人や夫にもそれを強要するのはNG。

食事をすれば「添加物が~」服を買えば「これは綿じゃないから~」。そんなことをいちいち言われたら誰だって疲れてしまいますよね。

オーガニック100%にこだわらず、妥協点を見つけた方があなたもきっと生きやすくなることでしょう。


■市場まで出かける

オーガニック信仰が強すぎるあまり、お店で売っているものは信用できなくなってしまう方もいます。

近所にスーパーマーケットがあるにもかかわらず、農家や漁連の朝市まで出かけていったことはありませんか?

早起き+オーガニック食材が入るということであなたの気持ちはハイになっているかもしれませんが、それに付き合わされる男性たちはぐったりしていることをお忘れなく。

男性にとって、食材は安全かどうかよりも美味しくて量があるかどうかの方がはるかに大切なのです。




■お金に糸目を付けなくなる

オーガニック製品は、やはり他のものより価格設定が高めです。

すぐそばに4個入り198円で売っているタマネギがあるのに、2つで398円もするタマネギを買う姿に男性たちは「マジか!?」と驚いています。

もしあなたたちが夫婦ではなくまだ恋愛関係にある場合、「この子には家計を任せられないな・・・」と結婚対象外にされてしまうかもしれません。

分相応なお買い物を心がけましょう。


■女を捨てる

オーガニック女子の行き着く先は、女を捨てたメイクとファッションです。

コットンでできた何の染色もされていない部屋着のような服を常に着込み、メイクはナチュラルどころかほぼスッピン。

男はスッピンが好きと言いますが、それはいつもメイクしている彼女が自分だけに気の抜けた姿を見せてくるところが好きということなのです。

いつもノーメイクな彼女なんて、全く魅力的ではありません。

オシャレ自体に「オーガニックか否か」を求めるようになったら、あなたの女子力はもう下っていく一方なので要注意です。




■おわりに

100%オーガニックな生活なんて、今の世の中では逆に不自然です。

オーガニックにこだわりすぎていつもカリカリしているより、普通に外食しながら「美味しいね」と笑ってくれる女性の方が何倍も魅力的。

価値観を押し付けず、バランスのいい生活を心がけましょう。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】