その告白ちょっと待って!確実に断られてしまう4タイプの「NG告白」



女性から告白されることを「嬉しい」と感じる男性は9割以上。これは頼もしい数値ですよね。

でも実際、女性側からの告白は成功率がなんと4割しかないんです。

もしかすると、これは女性が「男性にとってはNG」な告白の仕方をしているからかもしれません。

これから告白をしようと決意しているアナタは、それが「NG告白」に当てはまらないかチェックしてみましょう。




■メールで告白

今はメールでの告白も主流になってきていますが、やっぱりオススメはできません。

メールを送った相手が今何をしているか分かりませんし、他の女性といるときに告白メールが送られてきても「嬉しい」どころか「邪魔」と感じてしまう男性も。

また、短文で「好きです」とだけ送られてきても返事のしようがないし、いつからどういうきっかけで好きになったのかダラダラ書かれても、男性はメールが苦手なものですので「面倒くさい」と思ってしまいます。

同じ学校や会社でいつでも会える関係はもちろん、たとえ遠距離でもメールではなく直接顔を見て告白するようにしましょう。


■結婚を匂わせる告白

男性だって結婚はしたいもの。けれど、女性からの告白で結婚を匂わせるのは絶対にNGです。

「結婚を前提にお付き合いしてください!」と言われて喜ぶ女性はいますが、男性はそんなことを言われたらいくら大好きな女性が相手でも逃げたくなってしまいます。

また、日ごろから婚活中であることをアピールしていたり、「私いい奥さんになれると思うの」なんて冗談まじりにでも言っている人も要注意。

告白の言葉自体に「結婚」の二文字が入っていなくても、男性は警戒してしまいます。

「婚活は一旦休んで、恋人期間を長く味わえる人を探すことにする」と予防線を張っておきましょう。




■今更な告白

告白を考えている人の中には、“二人の関係をはっきりさせるために”告白しようとしている人もいるでしょう。

既に相手とお付き合いしている状態だけど、はっきり告白されたわけじゃないから不安・・・という場合です。

不安に思う気持ちは分かりますが、これも止めておきましょう。

相手があなたに本気だった場合は「伝わってなかったの!?」とショックを受けて気持ちが冷める危険性がありますし、遊びだった場合は「めんどくさい」と思われて即切られることもあります。

タイミングを見失った時点で自分に落ち度があったのだと反省し、告白するのは我慢しておくのが懸命です。


■涙ぐみながらの告白

「男性は女性の涙に弱い」というのはもう定説ですよね。・・・ですが、涙で目をうるうるさせながら愛の告白をするのは止めておきましょう。

単純に愛が重すぎて、男性は怯んでしまいます。

「目に涙を浮かべて告白なんて、映画や少女マンガみたいで素敵!」と思うのは女性だけです。

相手に負担を与えるような告白は自重しましょうね。




■おわりに

自分がシミュレーションしていた告白に、これらが当てはまっていた方は要注意!

女性からの告白は手放しで喜ぶ男性も、それはそれとして引いてしまうかもしれません。

自分の想い、相手の気持ち、両方考えて告白を成功させてくださいね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】