この仕事はヤバイ!海外の離婚しやすい職業TOP10!



あなたの仕事は離婚率が高いか知っていますか?

実は、破局しやすいカップルは、特定の仕事についていることが多いのがわかりました。

今回は、「破局」しやすい職業をご紹介します!




■10位<料理人>

日本だと飲食業の方は、24時間拘束なところがありますよね。

夜遅くまで開くお店だと、パートナーとのすれ違いも多いのかもしれません。


■9位<修理業者、家政婦>

海外の家政婦さんは、住み込みのこともあります。

そして家の主人と不倫の道に・・・ミタさんもびっくりです。


■8位<ウェイター・ウェイトレス>

10位と同じく、飲食業のウェイター・ウェイトレスがトップ10入りです。


■7位<テレマーケティング>

テレマーケティングとは、インターネットや電話など通信手段を通して顧客とコンタクトをとって販売促進をしたりするお仕事です。

テレマーケティングも非常に忙しいようです。

結婚生活を保つのはむずかしいのではないでしょうか。


■6位<コンシェルジュ・ポーター>

日本だとホテルスタッフといえばわかりやすいでしょうか?

拘束時間が長い仕事は、破局の原因になってしまうことも・・・。




■5位<芸能人・アーティスト・スポーツ関係者>

簡単に言えば「有名人」ですね。

3位くらいだと予想していましたが、そこまで高くないようです。

皆さんが思っているよりも、離婚率はそんなに悪くないのかもしれませんね。


■4位<看護師・精神科医・訪問介護士>

看護師や訪問介護士は、勤務時間が長いのが原因でしょう。

家にいる時間が、少なければ少ないだけ離婚する可能性は高くなってしまいます。


■3位<マッサージセラピスト>

これはなんとなく分かる気がします。

マッサージなんて気持ちの良いときに、ポロりと本音を言ってしまったり、相談してしまうお客さんが多いのではないでしょうか?

そこから不倫に発展したりしてしまうのかもしれませんね。


■2位<バーテンダー>

バーテンダー!?

そもそもバーテンダーの絶対数が少ない気がします。

勤務時間の関係や、異性と接することが多いのも関係しているのではないでしょうか。


■1位<ダンサー・振付師>

うーん・・・。これは原因がよく分からないですね。

ただ正直に申し上げますと、確かにパートナーがよく変わっているイメージです。

そういえば、浜崎あゆみさんや青木さやかさんの元恋人もダンサーでしたね。




■おわりに

これは海外のランキングでしたが、実は日本でもほぼ同じです。

ホテルや飲食、理美容、介護・病院が離婚率高めなんだとか。そしてこれらの共通点は「サービス業」です。

あなたはサービス業ですか?それなら気をつけてくださいね。

気を抜くと、破局が待ちうけているのかもしれません。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】