恋愛心理テスト第36弾!『忘れ物をした友人』



恋愛心理テストスリーズ第36弾!

今回のテーマは『忘れ物をした友人』です。

あなたが忘れ物をした人に取る行動によって、あなたの異性のある部分への気持ちが分かってしまうようです。

さて、どんな心理状態が分かるのでしょうか・・・?




■心理テスト『忘れ物をした友人』

あなたはこれから友人数人と一緒に旅行に出かけます。

目的地まで向かう途中で、そのうちの一人が「忘れ物をした」と言い出しました。

その忘れ物はあなたも持っており、貸すことが出来る物ですが・・・さて、どうしますか?下の4つの中から選んでください。

1.「良かったら貸してあげるよ」と快く貸す
2.(本当は貸したくないんだけど・・・)渋々貸す
3.「忘れ物しちゃダメじゃない!」と友人を叱る
4.「どうして忘れてきたの?」友人に忘れた理由を尋ねる









■この心理テストからわかること

この心理テストでは、あなたが異性に対し嫌なギャップを感じたとき、どう行動を起こすかを表します。

付き合いたては優しかったのに、よく怒るようになった!

素敵な人なのに食べ方が汚い・・・などなど、嫌なギャップに気付くときって少なからずありますよね。

あなたが忘れ物をした友人に対して取る行動によって、あなたがそんなギャップに出くわした時の行動パターンを紐解きましょう。


■1を選んだあなた

「快く貸す」を選んだあなたは、異性の嫌なギャップに気付いても素直に受け入れられるタイプです。

受容的で器の広いあなたは、すんなりと「そういうところも含めてあなただから」と受け止めるようです。

しかし同時に<恋は盲目>という言葉がはまりがちでもあります。

知らず知らずで周りに心配を掛けてしまうこともあるのでご注意を。




■2を選んだあなた

「渋々貸す」を選んだあなたは、異性の嫌なギャップに気付いても批判できないタイプです。

相手と「いい関係」を保とうと頑張るあまり、相手のことをなるべく否定したくない・・・というか、否定出来ずにもやもやを心の中に押し込めてしまうのでは?

あまり溜め込み過ぎて爆発してしまわないように、自分を大事にしてくださいね。


■3を選んだあなた

「友人を叱る」を選んだあなたは、異性の嫌なギャップに気付くとはっきり「嫌だ」と告げるタイプです。

責任感の強いあなたは、「ただの異性」から「自分の恋人もしくは好きな人」になった途端に厳しく接してしまいがちです。

しかし、そんなあなたの気持ちを相手が全て気付くかと言われれば、そうでもないですよね。

ケンカになる前にちゃんと自分の気持ちを最後まで伝えましょう。たまには妥協も大事ですよ。


■4を選んだあなた

「忘れた理由を問う」を選んだあなたは、異性の嫌なギャップに気付くと常識的に判断するタイプです。

「意中の相手として」というよりは「他人として」客観的に捉え、嫌なギャップでも「嫌なのは常識的に問題があるからなのか、もしくは自分が嫌なのか」と自身を振り返ることも。

考えすぎて頭がこんがらがる時は、ぜひ身近な人に相談してみてください。解決策が見付かる近道になりますよ。




■おわりに

嫌なギャップを知っただけで、百年の恋も冷める・・・なんてことも、よくありますよね。

改善してもらうも受け入れるも、はたまた見えないようにするのにも、勇気が要ること。

しかし、他人の嫌な所に気付くことは総じて、自分を見つめ直すいい機会にもなります!

落ち込む前に、前向きに捉えてみてもいいかも。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】