「これを言ったら女子はイチコロだぜ…」逆に瞬殺されかねないクサいセリフ6選!



「甘いセリフでトロけさせてやるぜ…」

そう思っている男子!

ロマンチックなセリフは雰囲気を盛り上げるのに欠かせないスパイスですが、中には相手をドン引きさせてしまっているセリフがあるのを御存知ですか?

勝負のキメ台詞を撃ち込むときは気を付けないと「うっとり」どころか「ゲンナリ」させてしまうかも?

では早速代表的なものを見ていきましょう!

 



■僕の心には君が住んでいる

以前、「女性がキュンとするちょっとSな萌えセリフ」を特集しましたが、それとは少しジャンルが違うこの路線。

僕の心には君が住んでいる、と言われても、対応に困ってしまいますよね。

気のない人から言われたらスッパリと「いえ、気のせいです。」と答えましょう!

■君の瞳に乾杯

「え・・・っと?ってことは私は私の瞳に乾杯?んなアホな」

となってしまうという意見も。

■君は太陽、俺は月。君がいなければ、輝くことができない

相手依存っぽいセリフには女性もタジタジ。

まだ「おれが太陽のようになって君を照らしてやる」のほうが…いや…どうでしょうか。

 


■どんなに美しい花も君の美しさにはかなわない

「美しい」っていう表現も日常的にパッとしないし、そう言ってくれるのは嬉しいけど…。

植物と比較されて複雑な気分になってしまうかも?

■どんな魔法を使って僕を惹きつけているの?

付き合う前に言われたら「えっと、魔法も使ってないし、特にひきつけようとも…」と引いてしまうかも。

なんと返答すればいいかわからなくなりますね。

あなたならなんと答えますか?

■君に酔ってしまったようだ

こんなこと言われると「どっちかっていうとそれを言ってる自分に酔ってるんじゃないの?中二病くさい」という意見も。

これはそう言われても仕方がないのかもしれませんね。。

 


■おわりに

いかがでしたか?

全体を通してみてみると、「相手をキュンとさせるセリフ」ではなく、「言っている自分にうっとり…」なセリフが多かったようです。

特に個人的には「どんな魔法を使って僕を惹きつけているの?」は「・・・」となってしまうのでは?と感じました。

もしこんなこと言われたら何と答えるのが正解なのでしょうか?

面白いアイディアがあったら是非教えて下さいね☆


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】