そんなこと気にしてるの?バツイチ男性が気にしていること4つのコト



結婚した男女の3組に1組が離婚している現在、あなたとイイ感じになっている男性が実はバツイチだったなんてことは珍しくありません。

恋に臆病になってる・・・とは言いませんが、やはり一度失敗を経験しているため恋愛に対して引け目を感じている男性もいます。

今回は、バツイチ男性たちが新たな恋愛を始めるにあたってどんなことを気にしているのか、ご紹介したいと思います。




■女癖が悪いと思われていないか?

離婚の原因は、必ずしも「男性の浮気」とは限りません。

けれどバツイチというだけで俺が不倫したと思われているのではないか、軽い男だと思われているのではないか、と男性は不安に思っています。

その不安を払拭するために、思い切って「なんで離婚したんですか?」と聞いてみるのもいいかもしれませんよ。


■何か問題がある人と思われていないか?

いくら珍しいことではないとはいえ、離婚はやっぱり良いイメージのものではありません。

浮気が原因でなくても、「自分の人格に何か問題があると思われていないか」と彼らは気にしています。

バツイチであろうと未婚であろうと、恋愛を始める時に差なんてありません。

ありのままのアナタに惹かれています、ということを伝えて安心させてあげましょう。




■親に問題があると思われていないか?

離婚の原因が嫁と姑の確執であることも珍しくありません。

「このヒトと付き合ったら私も不幸になるかも」と思われて、自分とは付き合ってくれないのではないかと気にしている人もいます。

けれどもその経験があるからこそ、今度はお嫁さんを大事にしてくれる男性もきっと多いはず。

「親は親、アナタはアナタ」ということをしっかり伝えてあげましょう。


■交際相手の親に会いづらい・・・

男性がバツイチ、女性が初婚である場合、やはり女性の両親には会いにくいものです。

10人中10人が、バツイチだから反対されるのではないか、と心配しています。

バツイチの彼と結婚の話が持ち上がったら、できればあなたの方から予めご両親に彼がバツイチであることを話しておき、了承を得た上でそのことを彼にも伝えて挨拶に行きましょう。

彼とご両親を安心させた上で挨拶した方が、きっとみんな結婚に対して前向きになれますよね。




■おわりに

アナタが想像している以上に、バツイチ男性は色々なことを気に病んでいます。

ですから、私は気にしてないよ!としっかりアピールすることが大切なんです。

今度こそ私が幸せにしてあげる! というくらいの気持ちで頑張ってくださいね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】