恋愛の教科書!村上春樹の小説から学ぶ男女の恋愛術!



「ノルウェーの森」「1Q84」のように、数々のヒット作を作り出した日本を代表する作家が村上春樹です。

そんな村上春樹の小説は女性から絶大な人気を集め、「ハルキスト」と呼ばれるファンが存在するほどです。

女性に人気がある理由として、気づかいにあふれた主人公「僕」が登場することだといわれています。

今回は、村上春樹の小説から学ぶ恋愛術をご紹介します。




■気づかいにあふれた主人公

「女のいない男たち」の主人公、田崎つくるを始め、村上春樹の小説に登場する男性の言葉は女性に対する気遣いがあふれています。

女性に好かれるためにも、ぜひ村上春樹の主人公の言葉遣いをチェックしてみましょう。


■立場が悪くなったらカッコよくはぐらかす

「君が大好きだよ」と答えて終わればいいのですが、「どれぐらい好き?」というような面倒な質問をされることがあります。

そんな時、村上春樹の小説に登場する主人公達は「春の熊ぐらい好きだよ」というようにはぐらかします。

これは嘘がバレそうになった時にも使える技で、小説に登場するような名言を覚えておき、その名言で相手の追及をはぐらかすことができるかもしれません。




■男性の本音を知る教科書

気づかいにあふれた主人公が登場する反面、リアルな主人公の心理描写がある点も村上春樹の小説の特徴です。

読んでいると男性ならば「そうそう!そうなんだよね」と思わされ、女性の場合は「男性ってこんなこと考えているんだ」と感心させられることが多々あります。

ぜひ女性は、村上春樹の小説を通して男性の繊細な本音を学んでみてくださいめ。


■守ってあげたい!ニヒルな少女になる

村上春樹の作品には、魅力的な男性が登場するだけでなく、幻想的な少女もセットとなって登場します。

特に、社会に適応できていない唯我独尊タイプの少女が多く、何故だか「守ってあげたい」と男性に思わせることができます。

ただ、村上春樹の登場人物を演じすぎてしまうと「変人」としか思われないので注意が必要です。




■おわりに

たかが小説・・・と思われがちですが、村上春樹の小説は多くの人を惹きつけて止みません。

ぜひ一度、村上春樹流の恋愛術を実践してみてください。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】