マジウザイ・・・男性が返信したくなくなるメールの4か条!



男性は総じてメール不精な人が多いものです。

「なんで返事が返ってこないの!?」とイライラして何度も新着メールを確認したり、「さっきのメールで怒らせちゃったのかな?」と送ったメールを読み直したりするのは辛いですよね。

そんな辛い思いをしないために、「男性が返事をしたくなくなるメール」の4か条を勉強しておきましょう。




■チャットメール

女性にとってメールはコミュニケーションツールのひとつですが、男性にとってはただの連絡手段でしかありません。

女性同士だとチャットのようにメールで会話を楽しむのは普通ですが、男性からすると、「なんでこのまどろっこしいやりとりをわざわざメールで?」と疲れてしまいます。

この心理はLINEであっても同じこと。

ぽんぽんと言葉を投げあうやりとりを楽しみたいのであれば、メールでなく電話をかけたほうが無難かもしれません。


■返事は即レス

大好きな彼からメールが送られてきたら、即返信したくなりますよね。

でも、あんまり早くメールが返ってくると、「俺から返事がくるまで、ずーっと携帯を見つめて待ってたんじゃ?」と考えて男性はゾッとしてしまいます。

早く返事が欲しい! という女性の心理から自分も即返信してしまいがちですが、ほどほどに時間を置いてからメールを返した方が、彼もまた返信しやすいでしょう。




■「?」がいっぱい

メールの返事がほしければ、文末に「?」を付けるというのはもう常識ですよね。

けれど、あまりにもたくさん「?」が散りばめられたメールは男性も重く感じてしまいます。

いくら自分の得意分野に関することでも、「面倒だな・・・」と思って後回しにされてしまうかもしれません。

相談ごとやアドバイスを求めるメールばかり送りつけるのは止めておきましょう。


■無理やり趣味を合わせてくる

サッカー好きの男性にサッカーに関する話題のメールを送る。

一見正しいことのようにも思えますが、明らかに興味がないことを無理に話題に出されても、男性もどこまで話していいのか分からず困ってしまいます。

無理に擦り寄っていってボロを出すよりも、「私はXXが好きだけど興味ある?」と二人の新しい趣味を開拓する方が、彼も楽しんでくれるかもしれませんよ。




■おわりに

男性とメールを送るときに一番してはいけないのが、返事がきていないのに追撃メールを送るということ。

返事がないと寂しくてついまたメールを送りたくなるものですが、自分のメールでこの話題は終わったんだ、そう思ってぐっと我慢しましょう。

そして日を改めて、彼が返事をしたくなるような楽しいメールを送ってください。

たかがメール、されどメール。送るときには、充分に気をつけてくださいね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】