一撃必殺!女の子をキュンとさせちゃう男性のギャップ4選!



女性が男性を好きになる瞬間を語るとき、「ギャップがあるのを見るとキュンとする!」なんてよく言いますよね。

だけど、「男性のギャップ」って一体どんなものでしょうか。

今回は、女性がキュンとする男性の「ギャップ」をご紹介します!




■持ち物deギャップ

机の上にリラックマのボールペンが転がっていたり、ディズニーのハンカチを使っていたり。

男性がキャラものの小物を持っているところを見ると、「こんな可愛い一面があったんだ!」と女性はキュンとしてしまいます。

女性は文房具や小物などを意外とチェックしているものなので、それらをさりげなく持っていると高感度UP!間違いなしですよ。


■行動deギャップ

デスクの引き出しにキャンディーやチョコレートを忍ばせてちょこちょこつまんでいたり、電話をしながら取っていたメモの字がものすごく綺麗だったり。

そんなちょっとした行動にも女性はときめいてしまいます。

特に字が綺麗だと、女性の心を掴むだけでなく上司や取引先からのウケもよくなるので、今からペン習字を習ってみるのもいいかもしれませんよ!




■言動deギャップ

たとえば一緒にランチへ行ったとき、軽く泣き言を口にしてみてください。

仕事のことでもいいですし、「最近家に一人でいると寂しくてさ」などプライベートの事でも構いません。

男性はあまり泣き言を言わないので、ちょっとそんなことを言われると女性は母性本能をくすぐられます。

「君だから言えたよ」「君って話しやすいね」なんて一言を添えれば効果は抜群です!


■趣味deギャップ

「弁当男子」なんて言葉が一時期流行りましたが、ものぐさそうな男性が実は料理好きだったりすると女性はキュンキュンしてしまいます。

牛丼や焼きそばなんかの男飯でなく、お菓子作りが得意だったりすると更に高感度アップ!

他にも、普段は無口なのにカラオケが趣味で一緒に行ってみたら歌が滅茶苦茶上手かった、なんてエピソードも女性が恋に落ちるきっかけになるんですよ。




■おわりに

「ギャップ」を日本語に直すと、「差異」という意味。

ですから、もともと乙女系な男性がキャラものを持っていたり、実家が洋食屋さんの男性が料理好きだったりしてもギャップは感じられません。

ギャップを演出するには、その前に自分をよく知ることが必要です。

その上で上手くギャップを見せ付けて、女性をドキッとさせてあげてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】