エンジョイしよう!同棲生活を成功させるための4つの秘訣!



これから同棲生活を始める予定のアナタ。

大好きな恋人といつも一緒にいられることはすごく幸せだけど、やっぱり少なからず不安なところもありますよね。

結婚前に絶対同棲した方がいいという人もいれば、同棲すれば相手の嫌なところが見えてすぐ別れちゃうよーなんて不安なことを言う人も。

だけど、小さな思いやりひとつで同棲は絶対に上手くいくんです。

大好きなあの人との同棲生活をエンジョイするためのコツをお教えしたいと思います!




■あいさつはしっかり

実家にいるとき、「おはよう」「おやすみ」「いただきます」「いってらっしゃい」などの挨拶はちゃんとしていましたか?

いくら気心の知れた恋人同士でも、それらの挨拶は絶対怠ってはいけません。挨拶しながらキスもすれば、よりGOODです。

些細なことですが、お互いが空気のような存在にならないためにも挨拶はしっかりしましょう。


■感謝を伝える

たとえ最初にお互いの家事分担やルールを決めていても、相手がしてくれたことには必ず感謝の言葉を言いましょう。

「洗濯物干してくれてありがとう」

「今日はごちそうさま」

それだけでいいんです。

感謝の気持ちを示してくれると、相手にもっと何かしてあげたいという気持ちになりませんか?

いつまでも仲良しでいるために、感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。




■喧嘩したらすぐ仲直り

どれだけ好き合っている二人でも、今まで違う環境で育ってきたのですから、どうしても衝突してしまうことはあります。

けれど、喧嘩をすることは悪いことではありません。お互いが譲歩し合えるぎりぎりのラインを探るために喧嘩をしてしまうのです。

一度お互いが思っていることをぶつけたら、一旦気持ちを落ち着かせて、その日のうちにすぐ仲直りしましょう。

お互いのための喧嘩なのですから、仲直りもすぐにできます。

変に意地を張って長引かせると、四六時中一緒にいる分「もう顔も見たくない!」という状態にも陥りやすいんです。

喧嘩をしたら即仲直り! を合言葉にしましょう。


■たまには同棲前の状態に

あえて外で待ち合わせてデートをしたり、それぞれ別の友達と出かけるなど、同棲を始める前の二人の生活スタイルも楽しみましょう。

一個人としての時間も楽しむことは大切ですし、いい気分転換にもなります。

”同棲”というものに縛られすぎず適度に息抜きすることで、いつまでも新鮮な気持ちでいられます。

二人の時間と一人の時間、両方適度に楽しみましょう。




■おわりに

同棲はあくまで結婚へのプロローグ。相手の好意が当たり前だと思ってはいけません。

相手を思い遣る気持ちを決して忘れず、おじいちゃんおばあちゃんになっても仲良く手を繋いでいられるような二人を目指して頑張りましょう!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】