二人の愛を再確認!遠距離恋愛中に言われると嬉しい4つの台詞!



遠距離恋愛中は何かと不安になることが多いもの。

離れていても私たちの気持ちは変わらない! という強い信念があっても、寂しい気持ちは誤魔化せませんよね。

そんな寂しい気持ちを楽にしてくれる、「遠距離恋愛中に言われると嬉しいセリフ」を4つご紹介します。

メールや電話で大好きなあの人に言ってみてください。




■会いたい、寂しい、とストレートに言う

忙しいあの人にこんなこと言ったら迷惑かな、なんて寂しい気持ちを我慢していませんか?

確かに、「会いたい」「寂しい」と言ったところですぐに会えるわけではありません。けれどそう伝えることで、あなたが相手をいつも想っているという気持ちは伝わるはず。

我慢しないで素直にその気持ちを伝えてくれた方が、相手も嬉しいに違いありません。

会いたいときには、「会いたい」って言っていいんですよ。


■カウントダウンする

連休などで久しぶりに会える約束をしたときには、「あと○日で会えるね」とカウントダウンしましょう。

日めくりカレンダーのように、毎日会えるまでの日数を数えあってみてください。数字が減っていくごとにお互いの気持ちも高まっていくはず。

「あと1日だね」を言うために、会えない時間も二人で楽しみましょう。




■具体的な約束をする

「次に会うときは××しようね」という具体的な約束をしましょう。

具体的な言葉にすることで、相手とのデートをあなたが心待ちにしていることがリアルに伝わります。

「早く会いたいな」とだけ言われるよりも、「次に会ったとき××するの楽しみだな」と言われた方が、デートのイメージも浮かびやすいですよね。

先の約束があれば、会える日の楽しみも倍増すること間違いなし!


■軽いヤキモチ

遠距離恋愛が不安なのは二人とも同じです。

相手と電話しているとき、ふいに異性の話題が出てモヤモヤすることもあるでしょう。そんなときは我慢しないで、「そういう話されると妬いちゃうんだけど」と伝えましょう。

相手が反省して、「ごめん。好きなのはアナタだけだよ」と言ってくれたら不安なんて消し飛んじゃいますよね。

やきもちを妬いてることを伝えることで、自分は浮気してないよというアピールにもなります。




■おわりに

遠距離恋愛を長続きさせるためには、多少の我慢が必要です。時には我慢できなくなって衝突してしまうこともあるでしょう。

だけどなかなか会えない二人だから、なるべく衝突したくないですよね。

そのためにも自分の気持ちを抑えたりためこんだりせず、どんどん素直に気持ちを伝えていきましょう。

相手もアナタのことを想っているなら、「面倒くさい」「そんなこと言われても困る」なんて絶対に思いません!

早く会える日を楽しみに、遠距離恋愛を長続きさせてくださいね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】