梅雨を楽しめ!相合傘を楽しむ4つのコツ



雨の日ってデートがしにくいし、髪の毛は決まらないし、なんだか憂鬱に感じちゃいますよね。

でも、雨の日だからこそ出来る「相合傘」をデート楽しむっていうのはどうでしょう?

しとしと雨の日の相合傘は中々良いものかもしれませんよ~♪




■相合傘は自然に密着できる!

普段、「もっとくっつきたいけれど、恥ずかしくて手をつなぐくらいしか出来ない」なんて人も大丈夫!

相合傘は二人で一つの傘に入るために自然と体が密着しちゃいます。

もっとくっついてほしい時も、「雨に当たるから、もう少しこっちにおいで」って言えば、とても自然でしょ?


■キスしてもまわりにばれにくい!

相合傘は、傘に二人が隠れる形になるので、キスしてもばれにくいのも良いところですよね♪

普段恥ずかしくても、この日だけは少し勇気を出して「傘で見えないから、キスしよ?」なんて相手を誘ってみてもいいかもしれません。




■傘のチョイスは、少し大きめの物を!

相合傘をする上で、大切なのは傘の大きさ!傘が小さいと、どちらかが濡れてしまってお互いに気を使いあっちゃったりして、変なムードになってしまったりなんてことも・・・

そんなことにならないためにも、雨の日デートの時は少し大きめの傘を持っていったほうが良いですね。

合わせて、ハンドタオルより少し大きめなタオルや可愛らしいショップのビニール袋などを持って行って、濡れた時のための対策もしておきましょうね。


■学校や外出先での帰りは相合傘のチャンス!

行く時は雨が降っていなかったのに、帰りには雨が降ってる・・・なんてことよくありますよね!こんな時は相合傘のチャンス!

そんな時のために、天気が微妙な日は折り畳み傘は必ず持っておきたいところ!最近は小さくて軽い折り畳み傘も売っているので、そういったものを鞄に忍ばせて置きましょう。

相合傘の相手は恋人だけでなく、今気になっている人や片思いの人でもOK!「傘もっているんで、一緒に入って帰りませんか?」などと一緒に帰ることを誘うチャンスです☆




■おわりに

ブルーになりがちな雨の日デートや、雨の日の帰り道・・・でも、雨の日にしかできない「相合傘」のことを考えると、少しテンションがあがりませんか?

相合傘を上手に使って、恋人との仲を深めたり、片思いの人との距離を近づけたりしてみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】