使用注意!女性を怒らせる3つのNGワード



「そんなつもりじゃなかったのに…」

軽い気持ちで言った冗談が、思わず女性を激怒させてしまった、という経験は男性なら誰しもあることではないでしょうか?

オンナゴコロは複雑で難しいものです。

しかし、そんなあなたにも明快な、女性が聞くだけで腹を立てる、悪魔のNGワードを紹介します。




■「最近、太ったね」

これは彼女にも、友達にもついうっかり言ってしまう方が多いのではないでしょうか?

その場では「ひどーい」と冗談交じりで返している女子も、裏ではあなたのことをなんと言っているかわかりませんよ?

そもそも女性は大変デリケートな生き物で、特に容姿については強いこだわりがあるものなので、容姿についてバカにする発言は最も嫌われる行為です。

腹を立てるまでいかなくても、 「デブ」や「ブス」と言った冗談に傷つく女性は男性が思っているよりも多いものです。


■「年の割に若い」

これは男性からしたら褒め言葉のつもりかもしれませんが、女性からしたら全く褒め言葉ではありません。

言うなれば、男性に向かって「年の割にハゲてませんね」と言うのと同じようなものです。
そう言われると、手放しに喜べる方が少ないのではないでしょうか?

女性は男性と違い、常に裏の意味まで考える生き物なので、伝え方にはくれぐれも注意するようにしましょう。




■「元カノは…」ばかり語り出す

女性にとって、好きな人に元カノと比べられるほど屈辱的な事はありません。彼女であっても、そうでなくても、そんなことはどうでもいいのです。

特にあなたに好意を抱いている女性は、異性の自慢話をするあなたに愛想を尽かしてしまうかもしれません。

女性は男性以上に嫉妬する生き物なので、気になる女性の前では他の異性の話を極力しないようにするとよいでしょう。





■おわりに

どうでしたか?

「なんだそれ、褒め言葉だったのに…」と言う男性もいらっしゃるのではないでしょうか?

女性は意外と顔に出ないので周りの女性全員を敵にまわす前に、女性の扱い方を心得ておくと、物事がよりスムーズに進むかもしれません。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】