恋が長続きする秘訣!上手なヤキモチを焼かせる4つの丸秘テクニック!



男性は、恋人が自分のものだと感じると、安心してしまい、恋愛に関して手を抜きがちになります。

逆に女性の場合も、安定した恋愛になると、物足りなさを感じ、次の恋を探される方も多いといわれています。

そのため、男性だけでなく女性にもヤキモチを焼かせることで、恋を長続きさせることができるのです。

ただ、むやみにヤキモチを焼かせてしまうと、別れることになってしまうこともあります。

そこで、今回は効果的で上手なヤキモチを焼かせるテクニックをご紹介します。




■「好き」は口にしない

どんなに好きだと思っていても、滅多なことでは口にしないようにしましょう。

「僕のこと(私のこと)好き?」と聞かれたら「うん」と返事をするだけにします。

すると相手は

「僕のこと(私のこと)本当に好きなのだろうか?」

と適度に不安になり、恋愛の対象として追いかけたくなるようにさせることができます。


■スケジュールは今週末まで

週刊誌やドラマなどを見ていると、その先の展開が分からず「来週まで待てない!」というようなことはないでしょうか。

恋愛にもこの期待感を持たせることは非常に大切です。そのため、自分のスケジュールは、その週の末日までしか教えないようにしましょう。

その結果、

「この人は、私が知らない間、何をしているのだろう?」

という気持ちにさせることができ、相手から積極的に連絡をとらせるようにすることが可能になります。




■メールも電話も受ける所から本気を出す

ヤキモチを焼かせるテクニックとして、メールや電話を自分からしない、という方法がありますが、これでは少し不十分です。

あまりにも自分から連絡を取らないと、携帯電話の存在を忘れ、レスポンスが悪くなってしまうこともあります。

電話をもらったら必ず出る。
メールを貰ったら、必ず返事をする。

というように「受ける所」から本気を出すようにしましょう。

ただ、メールに関しては、もらったメールの内容を1とすると返事をする内容を1ではなく0.8と少し少な目にするのがコツです。


■プライベートなことは、あえて話さない

付き合っていると、自然と

・家族のこと
・プライベートなこと

を話す機会が増えますが、あまりにも自分自身をさらけ出してしまうと、相手に飽きられてしまいます。

そこで、プライベートなことは、聞かれても最低限しか話さないようにしましょう。

相手に対して

「この人ってどんな人なんだろう?」

という印象を与えることができ、ドキドキさせることができます。




■おわりに

恋人以外の異性と一緒にいる、というような方法でヤキモチを焼かせる方法は、私はあまりお勧めしません。

誤解をされてしまい、破局に繋がるようなことが多々あるからです。

上手なヤキモチの焼かせ方は、今回、ご紹介した記事のように、心理的に「この人って私の恋人だけど、私のものじゃない」と思わせる方法になります。

簡単にできることばかりですので、ぜひ実践してみてください。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】