自分プロデュース!モテる自分を演出する方法!



突然ですが、あなたはモテますか?

異性からモテる人、同性からモテる人、両方ともイマイチな人、いろいろいるかと思います。

どうせだったら、みんなからモテる人になりたい!というのが本音ではないですか?

同性からも異性からも好かれる人になる、自己プロデュースのテクニックをお伝えします。




■服装の色に気をつけてみる

同性との集まりの時と異性と会う時、服装に変化をつけていますか?

例えば、女性であれば女子会に行くのと男性とデートする時、同じテイストの服装で行っていませんか?

女子会で好かれる服装と男性から好かれる服装は違います。

今回は特に“色”について考えてみましょう。自分をどう見せたいかによって色は変えるべきです。

例えば黒と白だったらどっちが明るい人に見えますか?ピンクと青だったらどっちが男性から可愛らしい人だと思われそうですか?

暗い色は落ち着いた印象を、明るい色は活発な印象を、甘い色は可愛らしさを、クールな色は知性をイメージさせます。

ですから、自分が会う相手や、その相手に与えたい印象によって、色を操るべきなのです。




■表情で見せたい自分を演出する

誰だって自分の中にいろいろな性格を持ち合わせていると思います。

たとえば、大勢でいるときはワイワイ騒ぐのが好きだけど、一人で静かに本を読む時間もないと嫌だ、といったように二面性を持っている場合もありますよね。


表情は相手に自分の印象を伝える一番強いツールです。

自分を偽るのではなく、こういう自分も見せたいと思ったら見せたい自分の部分を思いっきり表情や行動で表現してみましょう。

いつもゲラゲラ笑っている人で落ち着いた一面を見せたいのならニッコリ微笑んでみたり。

いつもは元気いっぱいな自分を出しているけど、意外に恥ずかしがり屋な人は恥ずかしいと思ったときには素直に顔に出してみたり。

人は、相手のギャップを発見した時にときめきます。

だとしたら自分のギャップは存分に発揮したほうがいいですよね!




■おわりに

人は見た目が9割とよく言われますが、見た目による第一印象は本当に重要です。

だったら、その見た目の効果を上手く使って、モテる女、モテる男になってしまいましょう!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】