ちょっとの努力で、はんなり美人?浴衣美人のコツ!



様々なイベントがある夏!

浴衣を着る機会も多いのではないでしょうか?

そんな浴衣姿も、少しの努力や気遣いで一気に浴衣美人に変身することが出来ちゃうんです♪

今回は「浴衣美人になろう!」をテーマに、いくつか浴衣美人に見えるコツをご紹介します。

皆さんもコツを覚えて浴衣美人になっちゃおう!




■うなじを見せる

浴衣美人に見える第一のポイントは『うなじを見せること』です。

浴衣を着る際には、襟を首にピッタリくっつけず、少しゆとりを持たすような感じで後ろに襟を傾けるイメージで着ましょう。

ロングヘアーの場合、髪の毛は出来ればアップスタイルが良いですね!

おろす場合でも、片側に全て流すようにしたりして、うなじを見せる工夫をしましょう。


■ウエストが細すぎる場合にはタオルを足す

浴衣というのは、ウエストがくびれすぎていたり細すぎると不恰好に見えます。

ウエストが細い場合には着る時に、ウエスト部分に少しタオルを入れて体型を調整すると着たときにキレイに見えます。




■歩く時は、浴衣がめくれないように軽く押さえよう!

浴衣美人の歩き方というのは、普段の1歩を浴衣では2~3歩で歩くイメージを持ってください。

ちょこちょこ歩く感じです。少し内股にし、短い歩幅で歩きましょう。

歩く時には、上前(着た時に前にきている側の布)がひらひらしないように軽く右手で太ももあたりを押さえて歩くとキレイに見えます。


■手を前に出す時は、軽く袖をまくる

何か前にあるものを取ったりする時に、手を出すことはよくあると思います。

そのときに、軽く袖をまくって取るようにしましょう。

袖をまくるといっても、袖のすそ部分を反対の手で軽く身体のほうによせ、袖のすそが前にたれないようにすると美しく袖がまくれます。




■おわりに

浴衣美人のコツ、いかがでしたか?どれも少しの努力と気遣いで出来ることばかりです。

慣れない浴衣に慣れない下駄で、不便に感じたり大変なこともあると思いますが、少しだけ頑張って浴衣美人になりましょう♪
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】