出会いの場!結婚式のNGファッションを押さえる!



結婚式は、結婚する2人を祝福する場でもありますが、同世代の異性が多く集まる場所でもあり、言い換えるならば、「出会いの場」でもあります。

しかし、そんな「出会いの場」にNGファッションで行ってしまうと、「なんて常識がない子なんだ」と思われ、せっかくの出会いが無駄になってしまうことがあります。

そこで今回は、結婚式で押さえておきたいNGファッションについてご紹介します。




■白はボレロもNG

結婚式の主役は、なんといっても新婦さんです。

そのため新婦さん以外の方が、白い服を着てしまうのは、常識化と思いますがマナー違反になります。

中には「ボレロだけならOK?」という方もいらっしゃいますが、座って過ごすことの多い結婚式では、上半身が白いと全身が白く見えてしまう可能性があるので、お勧めしません。

しかし、だからといって、全身が黒いと、これもマナー違反になります。

そこでお勧めなのが、シースルー素材のボレロです。

シースルーならば、下の衣装が透けて見えるので、白さがアピールされることはありません。


■ミュールはNG

ドレスなどと組み合わせやすいミュールですが、実はこれもマナー違反になってしまいます。

できれば、つま先が見えないパンプスなどがお勧めです。

又、素足で靴を履くのもマナー違反になるので、肌色系のストッキングを履くようにしましょう。

黒いストッキングは使い勝手がよいですが、マナー違反になるので、注意が必要です。




■露出しすぎはNG

ドレスの中にはスカート丈が短い物も存在しますが、結婚式ではマナー違反になってしまいます。

スカート丈は、ひざ上10センチまでにしましょう。

又、胸の谷間を強調しすぎたり、肩の出し過ぎも要注意です。

ただ結婚式の雰囲気によって、服装の雰囲気も大きく変わります。

少しカジュアル目の結婚式ならば、ひざ上10センチでも問題ありません。


■NGファッションを勧められることも

結婚式用のアイテムをそろえる時に訪れるのがブライダルコーナーです。

大抵、スタッフさんが一人常駐しているので、どんな服を着たらいいのか、マナーを確認することができます。

ただ、中には白いボレロやファー、サンダルなどもブライダルコーナーで販売しており、スタッフさんも「最近はみなさん、着ていますよ」と勧めてくることもありますので、注意が必要です。





■おわりに

「素敵な旦那さんと結婚したな~」という友人の結婚式の場合は、その友人も素敵な男性という可能性は高くなります。

せっかくの出会いを無駄にしないようにNGファッションに気を付けてみてください。

 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】