本能をくすぐれ!守られ女子になるテクニック!



男性は意外に本能に忠実な生き物と言われています。

そこで、男性の「女性を守りたい」という本能をくすぐることで、モテ女子になることができます。

今回は、そんな「守られ女子」になる方法をご紹介します。





■泣き上手

男性は、女性の涙を見ると、「守りたい」と思わされます。

そこで、お勧めなのが「泣き上手」になることです。

しかし、好きな時に泣けるのが「泣き上手」ではありません。

泣きわめかれてしまうと男性は女性に対して好意が半減してしまうことが多々あるからです。

そこで、男性とは関係ない仕事やプライベートなことを相談する中で、泣いて甘えてみましょう。

これが、泣き上手です。



■弱音はき上手

よく愚痴をこぼしてしまうと、男性は「自分では頼りないのではないのでは」と不安になってしまいます。

そこで、上手に弱音をはくようにしてみましょう。

ポイントは、時々、落ち込み、時々、愚痴を言うようにしましょう。

恋人が励ましてくれたり、慰めてくれたら、あっさりと笑顔になるのが、上手な愚痴のはきかたです。





■眠り上手

男性は、すやすや眠る女子の姿を見ると「守ってあげたい」と思う生き物です。

しかし、あまりにも熟睡しすぎて、歯ぎしりをしてしまったり、イビキをかいてしまっては台無しです。

歯ぎしりが気になる方は、歯医者でマウスピースを作ってもらうことで、改善することができます。

又、無防備な姿になることが多い睡眠時間ですので、思わぬところからムダ毛が見えてしまうこともあります。

脇、鼻などのムダ毛のお手入れも忘れないようにしましょう。



■怖がり上手

「怖い~」といと男性の好感度が高くなると思われがちですが、男性の中には、そんな女性の態度を「あざとい」と思う人もいるようです。

そこで、怖がり上手になる必要があります。

怖がり上手は、ホラーハウスやホラー映画などに行った場合、あっさりと怖がるのではなく、最初は「怖くないよ」と言いながら脅えます。

そして、怖がるシーンで、「キャッ!」と小さく怖がるのです。

すると、「怖くないよ」と強がった最初の時とギャップが生まれ、男性の心を掴むことができます。





■おわりに

普段の何気ない行動もちょっとアレンジするだけで、男性の心をグッと掴むことができます。

ぜひ、今回の記事を参考に普段の行動をアレンジしてみてください。

 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】