さ・・・冷めたわけでは・・・。付き合い始めて年月が経つとについ女性が手を抜くポイント!



付き合い始めは楽しくて初々しいものですが、だんだんと年月が経つにつれて慣れが生じて初々しさがなくなるのは当たりまえのこと。

しかしお互いにうまくときめきをキープしたいのも事実ですよね。

そこで今回は付き合いの長くなってきたカップルにありがちな女性が手を抜きやすいポイントについてご紹介します。




■1.ムダ毛のお手入れ

これはほとんどの女性に経験があるのではないでしょうか。

ムダ毛のお手入れって確かにちょっとめんどくさいですよね。

それにやりすぎたり生理周期によってはお肌が荒れやすくなったりします。

ただ、ムダ毛が見えるとやっぱり萎えてしまうという男性も多いようなので気をつけたいものです。


■2.手料理のレパートリーがワンパターン化

最初の頃は頑張って作っていた手料理も、だんだんとワンパターンに落ち着いてくるのも仕方のないこと。

彼の好きなものに落ち着いてきた、なんていう声もよく聞きますがそれはそれで素敵です。

自分の刺激のためにもスキルアップのためにも、いろんな料理に挑戦してみるのもいいですね。




■3.彼の前でオナラをするようになる

彼の前でオナラなんてとんでもない!と思っていたあの頃。懐かしく思う人もいるのではないでしょうか。

そのうち慣れてきてオナラとか結構平気でしちゃうようになるものです。

でも逆に、それもなんだか家族に近付いたみたいでいいですよね。ただし、まだ恋人気分でいたい彼にとっては残念な出来事になってしまうでしょう。


■4.すっぴんを見せるのが平気になる

素の自分を見せるのが平気になるのはとっても素敵なことだと思います。

それに、すっぴんの方が好き、なんていう男性も結構多いものですよ。

ただ、そのすっぴんに恥じらいがあるかどうかが重要なポイントなんだとか。

男性は女性の恥じらいを好む生き物ですから、恥じらいを忍ばせつつ自分の素を出していければそれ以上にお互いにとって素敵なことってないですよね。




■おわりに

いかがでしょうか。

これらのポイントを踏まえて、自分は手を抜かないように頑張ってみてはいかがでしょうか。

すでに手を抜いてしまっているという人はもう一度自分を見直してみてくださいね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】