酒は飲んでも飲まれるな!合コンで気をつけるべき6つのポイント



お酒の失敗って誰でも一度や二度はあるのでは?

楽しい合コンだと、良い気持ちになってついついお酒がすすんでしまいがち。

でも合コンこそお酒に気をつけなくてはいけない場所なんですよ。

では6つのポイントをチェック!




お酒を飲みすぎない

人に迷惑をかける飲み方はイメージ最悪です。自分で制御できるくらいの飲み方をしましょう。

それに合コンはお酒を飲む場所ではなくて、出会いの場所です。

しっかり相手を判断できるくらい脳は起きていたほうがいいですよ。

中には合コンで飲みすぎた結果、嫌な経験をしたかたも。要注意です。



お酒を無理やりすすめない

アルコールハラスメントは、男性でも女性でも絶対にしてはいけません。

アルコールが飲めないかたはたくさんいますし、そんな方用に居酒屋でもノンアルコールが充実してきました。

合コンのテンションがあがらないのを、飲めない人の責任にしないようにしましょう。


お酒に強いぜアピールはNG

お酒に強いのはいいことなのですが、それをいちいち相手に言わなくてもいいのでは。

女性のかたが男性と張り合って飲むのも下品ですし、その反対もひかれちゃいますよ。

お酒に弱いのアピールも誰得ですので、あまり大胆にしないようにしましょうね。




相手に合わせた飲み方を

狙っている相手の方がお酒がいけるくちかどうかをチャックしましょう。

相手がちょびちょび飲んでいるなら、自分もちょびちょび。

相手がノンアルコールなら、自分のノンアルコールにするなどの気づかいは二人の仲を深めるかもしれません。


家飲みは避けるべし

酒の席では何が起きるかわかりません。

一次会であろうが二次会であろうが家飲みはできる限り避けましょう。

後で後悔するのは自分です。

初めて会うかたには特に警戒心を持ちましょう。


明日に響かない飲み方を

お酒は20歳から!20歳はすでに大人ですよ!

大人は明日のことに責任をとれるものです。

明日の仕事や学校に響かない飲み方をしてこそ、大人の合コンというものです。

そしてそんな姿に気になるあの人も胸キュンです。




■おわりに

せっかくのお酒の席は気分良く終わりたいですよね。

節度とマナーを持ってお酒を楽しみましょう♪
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】