なんでなんだろ・・・なかなか恋人ができない4つのパターン



恋人ができるということはそれほど簡単ではありません。

しかし、恋人が出来ない、と嘆く前になにかやれることがあるのではないでしょうか。

自分では気づかないうちにチャンスを逃しているのかもしれません。

そこで今回は恋人ができない理由についてご紹介します。




1.あなた自身が本気でない

あなたは本気で、心の底から恋人が欲しいと思っていますか?

心のどこかで、一人の時間を満喫したい気持ちや恋人なんかいらないという捻くれた気持ちになったりしていませんか?

そういう気持ちがあると、無意識レベルでフィルターがかかってしまい、異性のよさを見つける力が弱まってしまいます。


2.自分の魅力を知らない

自分の魅力を50個以上箇条書きにできますか。だれにだって魅力は数え切れないくらいあります。

50個なんて少ないくらい。

なのに、ほとんどの人はできないと思います。

自分が一番自分のことを知っているはずなのに、その自分が魅力を理解していないとうまく活かしきれずに他の人から見ても魅力が伝わりにくくなってしまいます。

それではもったいないので、まずは自分の魅力を認識することから始めましょう。





3.機会を作らない

自分が本気であれば、どんな機会でも自分で作ることができます。

友達に紹介してもらったり、色んな場所に出掛けてみたり。

最近、何か機会を逃しませんでしたか?

何気ない瞬間に運命の相手との出会いが待っているのです。

最初は誰だって、運命の人と出会うつもりで出掛けたりしませんから。

人の集まるところに積極的に繰り出してみてください。


4.ニーズとあなたの長所が合わない

あなたと同世代の同性が恋人にどんなことを求めているかわかりますか。

あなたがどんなに魅力的な人間であっても、ニーズが少なければ当然チャンスも少なくなってしまいます。

たとえば年齢や職場環境などあなたと似た条件の人が異性から求められていることを知って、それと自分の魅力をすり合わせていくことが重要です。




■おわりに

いかがでしょうか。恋人を作ろうと努力するということは自分を磨くことでもあります。

自分が思い存分磨かれたときに運命の人と出会うことができるはずですよ。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】