終わりよければ全てよし!上手く別れるテクニック



恋愛をする上で、その人と相性が合わなかったり、一緒にいることでマイナスなことが続くならば、「別れ」ることで、二人のためになることもあります。

そんな「別れ」を上手くすることも非常に大切です。

今回は、その上手く別れるためのテクニックをご紹介します。





【ステップ1】別れを匂わせる

いきなり「別れましょう」と別れを伝えてしまうと、相手は「なんで?」とパニックになってしまうので、徐々に2人の関係は終わりに近づいているのかもしれない と思わせることが非常に大切です。

一番、簡単な方法として、連絡回数を減らしたり、メールやLINEを直ぐに返すのではなく時間を置くように工夫してみましょう。


【ステップ2】別れる理由を伝える

別れる理由を伝えてしまうと、相手から批判をされてしまうと、不安になるでしょう。

しかし、しっかり相手に別れる理由を伝えることが大切です。

別れる理由を伝えることで、相手を傷つけてしまう可能性もあります。

結果として、悪者になってしまうこともあります。誰も悪者になりたくないでしょうが、上手に別れるために悪者になる覚悟を持つことも大切です。




【ステップ3】徹底的に接触を断つ

別れる理由を伝えた後は、徹底的に接触を断つことも非常に大切です。

接触を下手に持つことで、相手は「まだ復縁できるかも…」という期待を持たせてしまうことができます。

毅然とした態度を取るようにしましょう。

会社や学校などで、顔を合わせることがある人の場合、全く接触を断ってしまうと、その場の雰囲気が悪くなってしまいます。

そこで、挨拶程度の接触に抑えるようにしましょう。


【最終手段】相手の気持ちを冷めさせる


それでも「別れたくない」とすがられてしまった場合は、相手の気持ちを冷めさせるようにしましょう。

女らしくない「おなら」や「げっぷ」を相手の前で連発します。

「あ、ごめん」と左程、悪気がない謝罪を伝えることで、相手は、どんどんあなたに幻滅していくでしょう。

ただ、共通の友人がいる場合、これをしてしまうと、変な噂が流れてしまう可能性があるので、プライドの捨てすぎないように注意しましょう。




■おわりに

一番大切なのは、なんとなくフェードアウトするのではなく、相手と向き合うことです。

既に好きでなくなってしまった相手と向き合うのは、労力が必要かもしれませんが、上手な恋愛を楽しむためには、欠かせない努力になります。

「別れようかな?」 と思ったら、ぜひステップ1から実践してみてください。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】