単純なメールでウキウキ?相手を喜ばせるメールテクニック!



恋愛の期間が長くなってしまうと、無難な連絡事項だけのメールになってしまうことがあります。

言ってみれば、メールのマンネリ期です。

メールがマンネリ化してしまうと、二人の関係も中だるみしてしまう可能性もあります。

そこで、今回は、二人の関係を良くするために、メールでドキドキさせたり、ウキウキさせたりするテクニックをご紹介します。




●普通の要件でも名前を登場させる

ドキドキさせるメールに文章的なテクニックは、あまり必要ありません。

例えば「最近、話題のレストランに一緒に行きたいんだけど」とメールを送るよりも「最近、話題のレストランに、Aちゃんと一緒に行きたいんだけど」と名前を挙げるメールを送りましょう。

同じような内容のメールでも相手の名前を頻繁に登場させることで、メールの行為の対象を限定することができ、結果として特別扱いをされているような気持ちにさせられます。

特に普通の何気ないメールで名前を頻繁に登場させると効果があります。

メールを受け取るだけで、「特別に扱われている」と感じさせられるからです。




●メールの返事を単調にしない

メールが来たら、直ぐにメールを返したくなるかもしれませんが、これではあまり相手をドキドキさせることができません。

時にはメールの返事を遅くすることで、相手に「何時、返事がくるのかな?」「今、何しているんだろう…」とドキドキさせることができます。

しかし、毎回、単純に返信が遅いだけでは「メールの返信が遅い、筆不精な人」という認識になってしまいますので、注意が必要です。

あくまでも意図的に時々、メールの返事を遅くするのがポイントです。

逆に意図的に即メールの返事をするのもお勧めのテクニックです。

一般的な考えでは、深夜にはメールが繋がらないという認識があります。

そんな深夜のメールに対して、直ぐ返信するような変化球も用意しましょう。

メールを通して「つながっている」という特別な気持ちにさせてくれるようです。




■おわりに

ちょっとした工夫で、メールのマンネリ化を防ぐことができます。

「メールが単調だな…」と感じてきているようでしたら、ぜひ、このテクニックを実践してみてください。

2人の関係が、グッと近くなること間違いなしです!

勿論、このテクニックは、メールだけでなくLINEでも応用することができます。

 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】