好きだけどお金が…。結婚準備金 だいたいおいくら?



結婚が決まってから考えなくてはいけないのが「費用」。

いったい総額でおいくら万円必要なのでしょうか?

今回はゼクシィさんのデータをもとにひとつひとつ分析して、どんなことにお金がかかるのかまとめてみました。




■結婚式前の費用 約100万円

両家の顔合わせ、婚約・結婚指輪、結婚式の案内状などなど 結婚式にかかわる費用が高くつく模様。

結納は約7割が行わずに、両家の顔合わせだけですませてしまうようです。

個人出費としては結婚式前の新婦のエステや美容院代でしょうか。


■結婚式 約200~350万円

ゼクシィさんの調べによると披露宴費用の平均は約343.8万円です。

高くつくのは結婚式の料理・飲み物、引き出物、演出アイテムなどでしょうか。

式場だと高くつきますが、レストランウェディングだと費用をおさえられます。

最近だと節約ウェディング・手作りウェディングも人気ですよね。

いくつかサイトもあるので参考にしてみては?

ちなみに結婚式前に支払いの場所が多いので、一般的にご祝儀での支払いは不可能です。

最終手段としては、結婚式場によってローンやクレジットが使えます。




■ハネムーン 約20~50万円

ハネムーン費用はおいくらぐらいを考えられていますか?

期間や場所によって変わってきますよね。

ゼクシィさんの調べではハネムーン費用は約54.8万円です。

ちょっと高めの設定でしょうか、実際はもう少し安くおさえられます。

国内ハネムーンなら約20万円ほどでのプランニングも可能。


■新生活 約100万円

引越し代、新しい電化製品、家具代など。

新しい二人の生活を準備する必要があります。
これが一番大切かもしれませんね。

一人暮らしのときに使用したもので良いというかたなら節約できるかもしれませんが、折角だから新しくしたいとおもうのも当然です。




■おわりに

だいたいそれぞれ100~150万円ほど持ち寄って、合わせて300万円くらい準備するカップルが一般的でした。
結婚式用に通帳を用意して、節約デートもいいかもしれませんね♪

20代前半のカップルだとご両親に援助をお願いするかたも多いようです。

 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】