狭い空間だからこそ・・・。ドライブデートで失敗しないための4つの方法!



二人だけの空間を楽しむことができる、ドライブデート。

狭い空間で過ごすデートだからこそ、失敗をする機会も増えてしまいます。

そこで、今回は、ドライブデートで失敗しないための方法をご紹介します。




●助手席で眠らない

「助手席で、眠らない」というのは、デートの以前に、マナーともいえるでしょう。

そのため、モテ度をアップさせるためには、眠らないだけでなく、できるだけ運転をしている相手のサポートをしてあげるようにしましょう。

一人でも飲み物を飲んだり、食べ物を食べたりすることは、できます。

しかし、それをサポートすることで、相手に好印象を抱いてもらうことができます。



●渋滞でイライラしない

渋滞につかまると、イライラしてしまうことが、多いです。

しかし、 「一緒にいれる時間が増える」 と考え方を変えてみましょう。

自分がイライラしないことで、運転手も気分よく運転することができるだけでなく、好感度をアップさせることもできます。




●見えない経費にも気を使う

ドライブデートには、意外にお金が、かかってしまいます。
・ガソリン代
・高速道路代
・駐車場料金
など、様々なシーンで見えないお金が発生してしまいます。

勿論、「全部割勘!」としてもいいですが、その日の食事は、「ドライブデートに連れて行ってくれたから」と自分が払うように、申し出ると、スマートに経費を負担することができます。


●教習所の教官にならない

ドライブデートで、相手の運転マナーや技術が、気になる人もいるかもしれません。

しかし、気になったからと言って運転手が、ウィンカーを出し忘れていた時、 「ウィンカー出さなきゃダメだよ」 などと注意してしまうと、相手は、イライラしてしまいますので、注意が必要です。

ただ、助手席側から左側の安全確認をするのは、運転手にとって、非常に助かります。

左折する時やバッグする時は、車や人が来ていないか、チェックしてあげるようにしましょう。




■おわりに


運転の知識がなくても、ちょっとした気づかいで、ドライブデートを失敗せずにすみます。

ぜひ楽しいドライブデートにするために、4つの方法を実践してみてください。

 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】