年の差萌え(*´ω`)年下の恋人を夢中にさせるデートテクニック!



近年は、年の差婚という言葉があるように、一回り以上離れた女性と結婚される男性も増えてきています。

逆に女性の社会進出に伴い、年下の男性と交際される女性も増えてきています。

そんな年下のパートナーを夢中にさせるデートの裏ワザをご紹介します。




●食事デートから

初期の大人のデートは、一日中、一緒に過ごすようなデート方法は、スマートではありません。

平日の夜の食事デートや休日のランチデートをするようにしましょう。

食事デートをする中で、お互いのことが分かりあえるようになった時点で、食事+αのデートを行うのが、お勧めです。

段階を踏むことで、自然に二人の距離が、縮まるだけでなく、年下の恋人に「余裕がある人だなぁ~」と思わせることもできます。


●定番のデートは避ける

定番のデートコースならば、年上の相手でなくても楽しむことができます。

できれば、定番のデートコースではなく、一味違ったデートコースを選ぶようにしましょう。

勿論、定番の映画デートでも、カップルシートやペアシートで映画を見てみてはいかがでしょう?

二人で5000円前後の値段で、ソファーのようになっているシートで映画を見ることができます。 




●カフェではなくホテルのラウンジ

大人のデートというと「オシャレな夜景が見えるバー」でデートするイメージが強いかもしれません。

ですが、オシャレであることよりもリラックスできる空間でデートするのが、大人のデートです。

初めて行くオシャレな場所よりも、行ったことのあるリラックスできる空間に行くようにしましょう。

例えば、オシャレなカフェで、お茶をのむのではなく、ホテルのラウンジを選ぶのがコツです。

予算も1500円から3000円とカフェと大差なく、落ち着いた雰囲気を楽しめるので、お勧めです。


●都内の移動はタクシー

大人のデートとして、オシャレな車で、デートというのが、理想ですが、都内デートの場合、なかなか車での移動は難しくなります。

又、レンタカーを借りるとしても経費が、かかり過ぎてしまいます。

そんな時にお勧めなのが、タクシーです。

多くの若者は、電車と徒歩での移動が多いので、ちょっとした距離をタクシーで移動すると、数百円の出費で、「大人だなぁ~」と感動してもらうことができます。




■おわりに

ちょっとした工夫と、ちょっとした出費で、年下の恋人を夢中にさせるデートが実現します。

ただ、スマートなデートをする方法として、下見は欠かせません。行きなれない場所ならば、一度は一人で訪れてみましょう。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】