空気を読むのが大切?メール、LINEはタイミングが命!(らしい)



気軽に連絡が、取れる手段として、メールやLINEなどを利用されている方は、多いですが、ただ、送っているだけでは、全く意味がありません。

効果的なタイミングにメールを送ることで、あなたの印象を大きく変えることができるのです。

今回は、そんな相手の心を掴むようなタイミングをご紹介します。




●欲しい時にメールを送る!

一般的に、メールが好きといわれている女子でも、頻繁にメールが、送られてくると 「はぁ~。うざい」 と思われてしまうことがあるので、注意が必要です。

大切なのは、相手が「メールを送って欲しい」と思うタイミングで、メールを送る事です。

人、それぞれによって「メールの欲しいタイミング」は変わります。そのため、なかなか、ジャストなタイミングで、メールを送ることは難しいといわれています。

しかし、「誕生日」などの記念日に送られるメールは、多くの人を喜ばせます。

又、地震や台風などがあった場合も「大丈夫?」とメールをすることで、「こんな時も心配してくれたんだ」 と、心細い相手の気持ちに好印象を与えることができます。

地震といっても「震度3」程度の軽い揺れでOKです。

「揺れたかな?」と自分が思ったら、即メールを打つようにしましょう。




●返信のタイミング!

携帯やパソコンが普及し、多くの人とリアルタイムに繋がっていられるような感覚を持たれる方が多いです。

しかし、実際には、返信のタイミングを間違ってしまうと「シツコイ」と思われたり、逆に間隔が空きすぎると、「何、このメール?」と思われてしまうことがあります。

そのために返信のベストなタイミングを把握しておくと、よいでしょう。

理想的なタイミングは、相手からの返信の半分の時間といわれています。

例えば、自分がメールを送り、3時間後にメールの返事があった場合は、1時間半後に返信をすることで、相手に精神的な負担を与えません。

又、最新の研究では、このタイミングでメールを送ると、返信の時間も徐々に、短くなるともいわれています。

きっかり半分の時間で返信する必要はありませんが、少し時間を意識してみると、相手へ与える印象も大きく変わるでしょう。




■おわりに

ちょっとした工夫で、ただのメールが、「好印象を与えるツール」に早変わりします。

たかがメールやメッセージですが、相手の気持ちを掴む上では、欠かせないツールです。

ぜひ今回ご紹介したタイミングでメールを送ってみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】