飲み会でつぶれるのは女子失格?!つぶれるオンナはこう見られている?



新年会が去ったと思ったら、次は歓送迎会の季節がやってきますね。

飲み会、飲み会のオンパレードに、飲む量を抑制できなくなってしまいそうな女子はいませんか?

でも、それは大きなマイナスポイント!男性にだけでなく、多くの人に「ダメな女」とレッテルを貼られてしまいます!

 



■つぶれる=お持ち帰りOK!?

つぶれる女=お持ち帰りOKの、おマタのゆる~いオンナというイメージはぬぐいきれません。

そんなレッテル貼られた日には、もう最悪としか言いようがないですよね。

でも、それが現実なんです。あなたがお酒に弱いことなんて関係ありません。世間はそう見てしまいます。

意中の彼にだって、「うわ~、飲み会でつぶれるまで飲んじゃう子なんだ…」なんてどん引きされてしまうかも。

お酒は適量を守りましょう!

 
■つぶれる=迷惑オンナ!

つぶれてしまうと、とにかく周囲に迷惑をかけてしまいます。

つぶれる=周囲に迷惑をかけることも平気なずうずうしいオンナ、というレッテルも貼られてしまいます!

つぶれるまでいかなくても、介抱が必要なくらい飲むのは、オトナの女性としてはNG。

酔いが気持ちの良い、という程度で止めるようにしましょう!
 
 


■つぶれる=自己管理ができない人

酔いつぶれている姿は、とってもみっともないもの。

自己管理のなさを感じさせるし、品性なんてかけらも感じませんよね。

あなたも、酔いつぶれた人を見たことがあるでしょう?

あなたが酔いつぶれたときも、同じような見た目になっているのです。

自己管理ができてない、だらしない…という印象を持たれないように気をつけましょう!

 
■つぶれる=明日が大変…

そして何より、つぶれるほど飲むと、翌日はひどい二日酔いが待っています。

休日なら一日の予定が丸つぶれになるくらいで済みますが、翌日が平日だった場合は大変!

ぐだぐだのまま、仕事に行ったり、学校に行ったりしないといけないのです。

あ、学校と言っても、大学や短大のことですよ。高校生はそもそも飲酒してはいけません。

飲んだ当日だけでなく、翌日まで周りに迷惑をかけてしまいますので、飲酒はほどほどにしましょう!

 


■おわりに

お酒は上手に付き合えば、気分を楽しくしてくれますし、これまでコミュニケーションをしたくてもする機会がなかった人との間を取り持ってくれます。

飲酒が全て悪いのではなく、飲み過ぎが良くないのです。

上で挙げた以外にも、胃や肝臓にもダメージを与えてしまいます。

お酒と上手に付き合うことができてこそ、オトナ女子。

つぶれた人を介抱できたら、さらに女子力アップ!これからの季節、上手く乗り切りましょう!

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】