うわ、可愛いんだけど!恋愛初期にやってみたい彼をドキッとさせる小技集!



好きな人ができたら、あなたはどう行動するでしょうか?

即告白したりよりも、ちょこちょこと小さなアタックを続ける方が、最終的に良い結果をもたらしやすいものです。

つまり、彼から告白してもらえるかも!

彼からの告白を目標に、彼をあなたにドキッとさせる必殺テクをご紹介します。

 



■1.「まぶたにゴミが」

な、なんて古典的な……しかし、男性にとっては威力抜群。計らずとも距離が近くなるうえ、普段他人から触れられることのない顔という場所にやさしく触れられるのがこの行為なのです。

ちょっとハードルが高い、というあなたにはもうちょっとレベルダウンした技もあります。

それが「肩にホコリが」。ちょっとネクタイを直してあげたりするのも効果的です。

このテクで達成するべきは、小さなボディタッチ。

「異性としての好き」とも「人間としての好き」ともジャッジできない程度のさりげないボディタッチで、彼をドキドキさせましょう!
 

■2.「ちょっとコレ持っててくれる?」

後輩や友達など、ちょっと面倒をみたり手伝った経験のある人のことはやはり印象に残りますよね。

意中の彼には相談事を持ちかけるといい、なんていう恋愛法則もこれに則ったモノ。

しかし、相談ができるような仲ならば、すでにわりと二人の距離が近いのでは? とツッコミを入れてしまう女子も多いでしょう。

そこで、荷物を持ち換える時際などに、少しだけ彼に荷物を持っていてもらいましょう。

コストも時間もほとんどかからない、ちょっとした頼みごとであることがポイント。

お願いしてOKしてもらった後は、にっこり笑って「ありがとう」の一言を忘れないようにしてくださいね。

 


■3.「○○くんの~~なところ、好き」

「好き」という言葉には、人の心を動かす力があります。

告白にも使う言葉ですが、だからこそもっと恋愛テクとしても使うべき。

「○○くんのやさしいところ、私好きだな」なんてことのない一言ですが、日常生活ではそう言われることのないセリフです。

ただ褒めただけとも言えますが、「好き」というワードを使うことで威力は抜群。連発はせず、ここぞという時にキメてくださいね!

 


■おわりに

初めは言うのをためらってしまうかもしれませんが、実は一度言ってしまえばあとはとっても簡単。

たった一度勇気を出して口を開くだけで、順風満帆恋愛ライフはすぐそこです。

大好きな彼に告白され、幸せな日々を過ごしましょう!

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】