恋の悩み、誰に相談すれば・・・?相談相手を選ぶポイントって?



いつの時代も、恋の悩みは尽きぬもの。

それが複雑な関係だったり、相手が高嶺の花だったりすると、悩みはどんどん深くなって抜け出せなくなり…なんてこともあるかもしれません。

そんな時、誰に相談したら良いのでしょう?

 



■やっぱり親友!

信頼できる親友に相談するのも、一つの方法ですね。

これまで色んな相談をしてきた仲であれば、なお良いでしょう。

ただ、親友も同じ相手を好きだったり、好きな人が親友の友人で、よかれと思った親友が口を滑らせて…なんてことが無いようにだけ、十分注意しましょう。

 
■母親、父親も意外に…。

両親は、あなたを育ててくれた人です。

あなたの性格や思考、行動パターンを思いの外よく把握していることも多いのです。

ちょっと気恥ずかしいかもしれませんが、良き相談相手になってくれるのではないでしょうか。

 
■好きな人の友達!

好きな人の友達に相談すれば、好きな人はどんな異性が好みであるとか、どういった異性は苦手であるという情報をゲットできる可能性があります。

この情報は、今後のアプローチ戦略を考える上で貴重な情報になるでしょう。

また、「○○さん/○○くんを好きな人がいるって伝えて!」と頼んでみるのも良いでしょう。

上手くいけば、二人がカップルになれるように動いてくれるかもしれません。
 
 


■元恋人

元恋人と友達関係として続いているなら、相談してみるのも良いでしょう。

あなたと付き合って、あなたの良いところも悪いところも知っている相手です。

あなたの異性としての魅力的なポイントや、逆に改善したほうが良いポイントを教えてもらいましょう。

それを元にして、より自分に磨きをかけると良いでしょう。

 
■インターネットを活用する!

インターネットの掲示板やチャット、恋のお悩み相談サイトなどで、不特定多数の人に問いかける方法です。

経緯を始めから事細かく説明しなければならない煩わしさはありますが、顔が見えないからこそ本音の声を聞くことができるでしょう。

ただ、中には心無い人もいます。ひどい言葉は流すようにしましょう。それがあなたの心の健康のためです。

 
■自分自身に問いかける!!

結局、最終的に決めるのは自分自身です。

相手のどこが好きで、どういったところに魅力を感じているのか。

相手とどういった関係になりたいのか。このまま陰から見つめるだけで満足できるのか、付き合ってみたいのか、結婚対象として意識しているのか。

色んな人から聞いたアドバイスも考慮して、必ず最後は自分で決めましょう。そして、自分の決断には責任を持つのがルールです。

 


■おわりに

恋をすると、周りが見えなくなることがあります。

「恋は盲目」とは良く言ったものですね。

だからこそ、一呼吸置いて、今の状況をしっかり整理しましょう。

もちろん、自分の気持ちも含めて、です。

きっとあなたが一番取りたい行動が見えてきますよ♪

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】