もし浮気をされてしまったら…関係を再構築するかどうかの見極めポイント4選!



順調にいっていた恋愛。これからも幸せな時間が過ぎると信じて、疑いもしなかったあの頃。

でも、何だか最近、パートナーが怪しい…。ちょっと探ってみたら、やっぱり浮気してた!

見切りを付けて別れるのは簡単。でも、これまでの幸せだった思い出を考えると、踏ん切りが付かないのも確かで…。

そんな時、別れるか、再構築するかの見極めポイントをご紹介します。

 



■浮気をした相手に再構築の意志があるか

まずは、前提として浮気相手に関係を再構築するだけの意志があるかが重要です。

ここで言う「再構築の意志」とは、「ごめんね、ちょっとした出来心だから許してね?」レベルの物は指しません。

「本当に申し訳ない。あなたにとても辛い思いをさせた。あなたが許してくれるまで、償い続けます」レベルの物を指します。

「出来心だから許して」なんて、謝罪もろくにせず自己弁護に走る人は、残念ながら浮気を繰り返すでしょう。

そんな相手だったら、残念ですが見切りを付けて、新しい恋を探しましょう。

 
■言葉だけでなく、態度でも反省しているか

これも重要なポイントの一つです。言葉だけで、上記のようなことを言うのは誰だって簡単なのです。

例えば態度でも、どこに誰といるか頻繁に連絡してくれる、あなたが望むなら異性の連絡先は消去する、メールや通話記録の開示を求めれば見せてくれるなど、誠意ある対応をしてくれるか、よくチェックしておきましょう。

口だけの相手だったら、それも残念ですが、サヨナラした方があなたは幸せになれるでしょう。
 
 


■再構築したとして、二人に未来はあるのか

さて、ここまでクリアして、関係を再構築する方向で考えるとしましょう。

でも、ちょっと待って下さい。二人は関係を再構築したとして、未来はある関係ですか?

例えば、そもそもの始まりが不倫だった場合や、自分が浮気相手というポジションだったけど本命に格上げされて付き合っている場合。

もしかして、あなたが浮気相手で、浮気相手だと思っていた人間が本命、なんてこともありえます。

よくよく見極めるようにしましょう。

 
■相手の食べ残しをためらいなく食べられるか

ここに来て、いきなり関係のないことを書いているなあ、この人は…と思いませんでしたか?

ですが、この話題にはちゃんと理由があるのです。

この方法は、関係を再構築するべきかどうか迷って、自分でどうしても決められない時に考えて下さい。

すごくお高いステーキ。それを、相手が食べ残してしまいました。あなたはその食べ残しを食べられますか?

YESなら、あなたにはまだ相手への思いが残っていますし、NOならきっぱり別れてしまいましょう!

別にステーキでなくても、高級海鮮丼でも、高級フレンチでもなんでもかまいません。

どんなに高級で美味しい物でも、その人の食べ残しは嫌…そう思った時点で、あなたの相手への愛情は他人と同じレベルまで下がっています。

 


■おわりに

浮気をされるというのは、辛いものです。

ですが、これをチャンスと捉えられることができれば、少しだけ前向きになれます。

そう、浮気をするような人間性の相手と別れるきっかけができた、自分の時間をこれ以上ムダにせずに済んだ、というチャンスです。

もしくは、再構築を目指すなら、自分のどこかに魅力が無かったり、相手を束縛しすぎて息苦しくさせた、もしくは自由にさせすぎたと振り返るチャンス!

どんなに辛いことでも、捉え方次第では良い方向に生かせます。このコラムが、その手助けとなれば嬉しいです。

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】