ここがポイント!ナチュラルメイクと手抜きメイクの違いを調べてみた!



ケバケバした女性より、ナチュラルメイクの女性がモテるのはもはや常識です。

でも、ちょっと待って!

あなたのメイク、ただの「手抜きオバサンメイク」になってませんか?

男性も、今日ご紹介するポイントがしっかりしたメイクを彼女がしてきたら、「今日は俺のために頑張ってくれたんだ!」と思ってあげて下さいね。

今回は、ナチュラルメイクと手抜きメイクの違いを調べてみました。

 



■命は肌の質感

とにかく、一番時間をかけて慎重にやるべきポイントは、肌の質感作りです。

すっぴん肌を思わせるようなみずみずしさ、けれど毛穴もニキビ跡も無い肌を目指します。

間違っても、塗りすぎて首と色が違う…なんてことにならないように気をつけましょう。

やり方に自信のない人は、一度、百貨店のコスメカウンターで相談してみるのも良いでしょう。

 
■眉毛、まつげは目立つ=ナチュラルにしたいなら引き算

顔のパーツの中で、目立つのは眉毛とまつげです。ナチュラルメイクは、ここがバーン!と目立ちすぎると成り立ちません。

あくまで自然な感じを意識しながら、「自然な範囲で」眉毛は整えて、まつげは長くしましょう。

アイブロウのカラーは地眉よりワントーン明るめ、マスカラはボリュームタイプよりロングタイプを重ねづけが良いでしょう。

アイラインはごくごく細く入れて、綿棒でぼかす手間を惜しんではいけません。

ナチュラルメイクは時間と手間がかかるのです。
 
 


■口元はちょっぴりアクセントに

端から端までナチュラルにしてしまうと、本当に「ちょっとすっぴんが綺麗な人」になってしまいます。

ちゃんとお化粧しているんだぞ、というアピールは口元で行いましょう。

といっても、リップラインを描くのはやりすぎです。

明るい色のルージュを指に取って、ぽんぽんと乗せる程度にしましょう。

 
■チークはベージュ系がベスト

さて、ここまで上手にできても、チークの色を失敗すると全て台無しです!

チークはベージュ系か、肌の色にもよりますがオレンジ系がベストです。

控えめに、控えめにと心で唱えながら、ほほの一番高い場所を中心に丸く入れましょう。

決して塗りすぎないことがポイントです。

 


■おわりに

いかがでしたか?

「ナチュラルメイクだから~」と言い訳をして、ファンデすら塗らず、眉を描いただけ…なんて顔でいませんか?

ナチュラルメイクは時間も手間もかかるのです。「手抜きオバサンメイク」の言い訳にするのはやめましょう。

さあ、女子力アップのために、まずはコスメカウンターに行ってみましょう。プロの意見は非常に頼りになりますよ。

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】