おねだり上手はやっている?ナチュラルに欲しいものをアピールする技術!



■欲しいもの、ありますか?

誕生日や特別な日に、どうしても恋人にほしいものがある。でも、言いにくいなぁ…。

・・・そう感じる人も多いのではないでしょうか??

そんなあなたにおすすめのテクニックを今回はご紹介いたします。

このテクニックをすれば、もう欲しいものをねだるのはおてのものかもしれませんよ!
 



■視野的刺激を活用する!

まずは、視野的刺激を与えてあげる方法。

相手がいるそばに、あなたの欲しいものが掲載されている雑誌をおきます。

あ、もちろん、さりげなくそのページが開いてるとなおさらGOODです。

直接的に「これが欲しいな」と口にするのは難しくても、こういったところで、「自分の興味」をアピールすることは可能です。

彼が「プレゼント何かあげようかな…」と思ったときに、真っ先にあなたの興味のあるものを思い出してもらえるよう、徐々に彼の脳にインプットしていきましょう!

まさに視野的刺激ですね。

 


■言語的刺激を活用する!

ここまで印象付けを行ったうえで、おねだりを口に出しましょう。

ある程度「視野的刺激」を行って、彼に意識してもらってから口に出すのがおススメです。

毎日おねだりばかりをしていると、「目についたものなんでも欲しいんだな…」と思われてしまい、プレゼントにも手が遠くなってしまいますが、こういったプロセスを踏まえておねだりをすると、「あぁ、これが本当に欲しいんだな。」と理解してもらえるはずです。

 


■そして、いざもらう時には!

いかがでしたか?

さあ、ここまでアピールを地味にしたら、特別な日や誕生日に、あなたの欲しかったものをプレゼントしてくれる確立がグッとアップするはずです。

そして「ほしいものある?」と聞いてくれた時はチャンスです!

日頃から「あれも欲しい、これも欲しい」と言っていては、この発言も引き出しにくくなりますので、うまくタイミングを見計らいましょう!

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】