「へぇー!そうなんだ!」聞き上手でモテモテになるためのたった2つの高度なスキル!



自分の話ばかりする相手より、相手の話を聞く人のほうが好き。

そういう方は非常に多いのではないかと思います。

色々なところで言われているモテのヒケツ「聞き上手」。

言われてみると結構難しいですよね…。

それでは、具体的にどういったところに気を付けて聞いていれば聞き上手とされるのでしょうか?
 



■聞き上手のコツ

聞き上手になるのにはどのようなコツが必要なのでしょうか?

ただただ聞き上手だからといって聞いてるだけでは大きな効果は得られません。

そのコツのひとつは、ずばり相手の話をしっかり聞く。

「めんどくさい話だな」「興味ない話だな」などという感想はさておき、とりあえず人の話をしっかり聞く習慣をつけましょう。

また、この時にやってしまいがちなNGが「会話の割り込み」です。

いくら自分が話をしたくなったからといって、相手の会話を遮ってしまっては聞き上手とは言えませんね!

「話の興味を持ってくれている!しっかり話を聞いてくれている!」という共感を得られるように、聞く側に徹しましょう!

 


■オーバーリアクション

では、この聞いた話をどうやって聞いてるよ!とアピールするのか。

人間には自分の話を人に聞いてもらいたいという欲求があります。

それを満たしてあげるのが「相槌」です。

1人でペラペラと喋っていても、相槌が無ければ「ムリに聞いているのかな?」と感づく人も。

そこで、適切な相槌を打ちましょう!

オーバーリアクションなくらいでOKです。

「えー!そうなの!?」
「すごーい!さすがだね!」
「ほんと?それでそれで?」

などなど、相槌をうつ癖をつけるのが、人間関係を円滑にするコツであったりもします。

 


■おわりに

いかがでしたか?

恋愛と言えど、人間関係の延長上にあったりする部分も多いもの。

魅力的な人は、大きな心で相手のおしゃべりを受け止めてあげる、という方が多いようです。

会話に割り込まない、相槌をうつ。

シンプルなようですが、なかなか難しいところですね!

ただし、難しいからこそ、このスキルを身に着ければ、きっと誰からも愛される人間になれると思いますよ!

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】