厳選しました!オトコがオンナにドキッとする3つの瞬間!



男性がネクタイをゆるめている姿にきゅんとしたことがある女子、多いと思います! 

メガネを外す、髪をかきあげる……何気ない姿に心がゆれる瞬間、ありますよね。

「じゃあ、男の人は女のどんな姿にドキッとするの?」そんな疑問にお答えするため、そんな瞬間を厳選してみました!

 



■1.髪をまとめている時

長い髪をまとめる時、ちらりとうなじが見えます。

普段見えていないものが見える、これに男性は心が動くのです!

 チラリズムの法則とよく言いますが、これはその応用版ですね。

例えば、仕事や学校帰りにご飯を食べに行くことになった時。

「いただきまーす」という前に、長い髪をシュシュやバレッタでまとめてみましょう。

いつもより若干ゆっくりとまとめることで、彼の視線を釘づけにしてしまいましょう。
 

■2.イヤリングやピアスをつける時

片手で耳をおさえ、もう一方でアクセをつける。

この動作は手がクロスし、とても優雅で色気ある姿に見えるのです。

また、ある種の身づくろいの一つですから、ちょっとしたオフの時間の雰囲気を出すことができます。

つまり、少し無防備になる瞬間とも言えるのですね。

髪にアクセがひっかかっちゃった。そんなセリフとともに、そっとイヤリングやピアスをつけ直してみてください。

 


■3.さりげなくハンカチをひざにかける時

ミニスカートやタイトスカートの時は勿論、食事でお洋服を汚したくない時など、ハンカチを膝にかける時がありますよね。

女性にとってはなんてことのない動作ですが、男性はとてもドキドキします。

身体の線が見えてしまうことを気にして、ハンカチで隠す。洋服を汚さないように、一手間をかえてみる。

そんな奥ゆかしさや女性らしさが、とてもわかりやすく発揮される姿なのです。

小道具のハンカチも、アイロンをきちんとかけた女性らしいものを携帯しておきましょうね。

 


■おわりに

いかがでしたか?

男性がぐっとくる瞬間を知っておくことは、大きなアドバンテージになります。

「あ、今ならできる!」良い雰囲気になった時や実践できそうなシチュエーションで、さりげなく演出してみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】