卒・話さなければいい女!彼を夢中にさせる会話テクニックって?



どんなに可愛い服を着ていても、メイクがキマっていても、それだけで彼の本命になることはできません。

会話がかみ合わずに「あいつ、見た目はいいんだけどなあ……」なんて思われ、お飾り候補なんて嫌ですよね。

しかし逆に、貴女との会話が彼にとって心地よいものとなれば「こいつは俺を理解してくれる!」と一気に本命への階段を駆けのぼることも可能です!

そこで今回は、そのための4つのテクをご紹介します!

 



■1. 自分の話は封印! 彼の話によーく耳を傾ける

人は自分の話をし、それを相手に認めてもらうことで自分の存在を肯定します。

承認欲求とも呼ばれ、ついつい貴女も自分の話ばかりをしてしまうかもしれませんが、それは気になる彼の前では厳禁です。

彼の話をじっくりと聞き、彼に喋らせることに集中しましょう!

彼が話すつもりではなかったことまで貴女に話してしまい、「どうしてこの子にはこんなに自分のことを話してしまうんだろう?」と思わせるくらいになれば最高です!

聞くポーズだけではなく、しっかりと頭に入れておくことで、これからのデートやお付き合いに役立つことも多々あるでしょう。
 

■2. あいづちはしっかりと

話を聞くことが大切ですが、もちろん「ふーん」といったような、いかにも「聞いてあげてます」オーラ全開では逆効果。

「うんうん」「えっ、そうなの? 知らなかった!」「そうなんだぁ~」など、相槌を入れながら、彼に気持ち良く話してもらいましょう。

頷きも気持ちゆっくりとすることで、聞いているということを相手にアピールできます。

作業と思わず、首をゆっくり振り下ろすような一秒で一回の頷きを意識するとイメージしやすいと思います。

 


■3.共感がメイン

話を聞いてくれていると思ったら、突然「え! わたしはそうは思わないけど」なんて言われたら……ちょっと怖いですよね。

「そうだよね」「わかる~」「わたしもそう思う!」といったような、彼の考え方に寄りそう相槌で話を進めていきましょう。

どうしても何か発言したい時には「そっか、そういう考え方があるのね」など、まず彼の考え方を認めてから貴女の考えを話すと、やわらかくもしっかりとした考え方をもった女性として受け入れてもらえます。
 

■4. 話が途切れても気にしない

話が一段落つけば、ちょっとした沈黙が二人の間に流れることもあるでしょう。

そんな時はあわてず、「えっと」などと一生懸命会話を続けようとしなくても大丈夫です。

ただ、にっこり笑っておきましょう。

親しい友達となら、多少の沈黙があっても気にしませんよね。

それと同じように、彼に対しても「あなたとの沈黙、私は気まずくないよ」ということを仕草で伝えるだけで、彼もリラックスして貴女と過ごしてくれるのです。

 


■おわりに

むずかしいことはありません。

貴女が彼の話をよく聞いてあげることで、彼が「俺の話をこんなに聞いてくれるんだ。今度はこの子のことを俺が知りたい!」と思って貴女に色々と質問してきたら……もう彼とのラブラブは目の前です。

簡単会話テクで、彼との甘い生活を手に入れましょう!

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】