色気って何ぞ?男性の本能に訴えかける良い女の鉄則とは?



「可愛いし綺麗だと思うんだけど……色気がないよね」こんなことを言われた女性、また自分でそう感じている方は多いのではないでしょうか。

色気を出そうとして、手っ取り早く露出多めの格好をすると、単なる「安い女」「ヤレそうな女」になってしまいます。

どうしたら上品な色気のあるイイ女になることができるのでしょう。

今日からできる簡単な方法をご紹介します!

 



■1.ゆっくり優雅に動く!

色気がある格好と言うと、やはり着物を思い浮かべると思います。

お手軽な浴衣でも、やはり大股では歩きにくくなりますし、帯をきゅっと結んでいるため、自然と無理のないゆったりした動きになりますね。

それを狙い、洋服を着ている時でも着物を着ているかのようにゆっくりと動いてみましょう!

髪をはらう仕草や、呼び止められて振り向く時。ちょっと意識するだけで、美しく色気のある動作に大変身です。
 

■2.手の動きには特に注意!

手を出す時には指をそろえる、物の受け渡しの際、ガサツな指の動かし方はしないなど、一言で手の動きに注意すると言っても、実践するポイントは様々あります。

丁寧な指運、手の動かし方に色気を感じる男性は多いものです。

胸の谷間が強調されるような服を着れば、当然男性の目を引くことはできますし、色気を感じさせることは可能でしょう。

しかし、美しい手の動きといった動作は直球の色気アピールにはなりません。

だからこそ、目をひき「ずっと見ていたい」、そして「もしかして、俺は彼女のことが好きなのか?」と女を意識させることができるのです。

 


■3.髪と肌は艶を大切に!

パサついた髪や、カサカサした肌に色気は感じません。しっとりと濡れたような髪と、触れたいと思わせる桃のような肌を目指しましょう。

髪はトリートメントをして時間をおく際、熱めの濡れたタオルで髪を覆っておくだけでも、ずいぶん仕上がりが変わってきます。

肌もパウダーファンデーションではマットなドール肌になってしまいがち。

ドール肌も可愛いですが、色気を演出したい時にはリキッドファンデーションを試してみましょう。

やや、ぬめりを感じさせる肌を作ることが可能です!

 


■おわりに

いかがだったでしょうか?

「エッチなお姉さん」こと壇蜜さんを目指す!とまではいかずとも、色気が男性を惹きつけることは明らかですよね。

男性は、人形のような綺麗なだけの女性に恋心を抱くことはありません。

女を感じさせる上品な色気で、よりレベルの高い女にランクアップしていきましょう。

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】