「これ、やってた(笑)」小学生のとき下校中にやっていた今思えば謎なこと6つ!



子供のころは無邪気ですから、今思えばよくわからないことも本当に楽しくやれてましたよね!

小学生のころは何をやっても新鮮ですし、時間が飛ぶように過ぎたのではと思います。

そこで、今思えばなんだか懐かしく思ってしまう、小学生のとき下校中にやっていた今思えば謎なことを調べてみました!

 



■傘を手のひらに立ててバランスを取って歩く

雨あがりの帰り道は必ずといっていいほどやりましたよね!

うまくバランスが取れなくて、なんども傘を落っことしてしまったり。

今おもえば「なんであんなこと楽しかったんだろう?」ってことかもしれませんが、とにかく楽しかったんです!

 
■体操着袋を蹴りながら歩く

気が付いたら体操着の袋を蹴りながら歩いていた、という人は少なくないのでは?

ポーンポーンとなんだか軽い感じで蹴って、跳ね返ってくるのが面白かったような、そんな気がします。

 
■蟻の行列を見つけたら乱す

男子はよくやったのではないでしょうか?

また、行列を乱すだけには飽きたらず、蟻の巣の入り口を小石で封鎖してみたり…。

アリからしてみたら「ちょwまって、やめてw」って感じだと思いますが、なぜか楽しくやれてたのではないでしょうか?

 


■影しか踏まないように歩く

影だけを踏んで歩く、よくやりましたよね!

あと、地面にある謎のポッチのようなものを踏みながら歩いたり、白線の上をはみ出ないように歩いたり。

けっこうあるあるだと思います。

 
■つつじの蜜を吸う

これはみんなして吸いましたね!

つつじってあの、学校とかに咲いてる、ピンクのような赤のような花です。(白バージョンもあります)

吸っても吸っても蜜の味がしてるのかしてないのかよくわからなくまま、吸ってたような気がします。

 
■一個の石を蹴りながら歩く

石を蹴りながら帰り道を歩く、なんてこともありましたよね。

空き缶だとうまくコントロールできないんですけど、小石だったらある程度思った方向に転がってくれるので丁度いい石を見つけては蹴りながら帰ったりしたコトがあるのではないでしょうか。

今では良い思い出です。

 


■おわりに

いかがでしたか?

当てはまること、当てはまらないこと、あったと思いますが、小さい頃独特の行動ってありますよね!

体操防止でウルトラマンやったり、傘をくるくる回したり。凍った水たまりの上でスケートしてみたり。

たまには小学生のころを思い出して、試してみてはいかがでしょうか?

でも、蟻の巣封鎖は少し可哀想なのでやめてあげて下さいね!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】