実はこう思われてる?男性に「ウザっ!」と思われる女性のワガママ4パターンまとめてみた!



わかっていてもついつい言ってしまうワガママ。

でも場合によっては「ウザっ!」と思われてしまっていることもあるかも?

今回は、男性に「ウザっ!」と思われる女性のワガママについてまとめてみました!

言ったことがあるという人は要注意ですね!



■1:「私と○○、どっちが好き?」

○○の部分には、仕事、友達、趣味など、様々な言葉が当てはまりますよね。
これは男性を怒らせてしまいがちです。

好きな男性に、この表現は逆効果。
相手によっては、本当に彼女のほうが大事でも「普通に仕事のほうが大事だから。」とバッサリ切られてしまう可能性も。

「少しかまってほしいよ!」などと可愛く伝えるほうが良いようです☆

■2:「なんで返信くれないの?」

「なんで返信くれないの?」や「返信が遅い」などの催促のしすぎは厳禁です。

ご存じのとおり、メールは面倒臭いという男性も非常に多いです。
あまり頻繁な催促をしてしまうと、メールの音が鳴るたびに憂鬱になってしまうのかも。

『面倒くさい』と感じたとしても『メールを返したくない』と思っているわけではない方が多いので、
「愛が冷めたのかも…」などと考えすぎないようにしましょう。



■3:「好きなら察してよ!」

ある程度付き合っているカップルであればこういった経験もあるのではないでしょうか。

「好きなら察してよ!」と言われてしまうと、「そういうならこっちのことも察しろよ」と思ってしまう男性が多いようです。
思いやりの押し付け合いはトラブルになりやすいので気をつけましょう。

解消法としては、やはり細かいコミュニケーションです。

人間、好きだからと言ってなんでも察せるわけじゃないので、「あの時ああいわれたから…」などと抱え込まずに、
思ったことは何度も話し合って、気持ちを伝えていくのが大事とのことです。



■おわりに

いかがでしたか?

こういう失敗にならように日頃から意識しておきましょう☆


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】