恋を楽しむなら「一生懸命」になれ!というありきたりなど正論!?



恋を楽しむなら「一生懸命」になれ!といろいろなところで言われます。

このど正論、色々なところで見過ぎてイラっとしますけど、一応触れてみましょう。

そうするとある意味ナットクできるところもあるのです。




■自分に自信がつく

まず、自分に自身がつくということ。

もちろん一生懸命に破ったことが直接自分の自身に繋がるわけではないでしょうね。

でも、それでも自身がつくのはとても良いことであることは間違いありません。

そういった点を踏まえると、これからの未来では、頑張ったほうが良い気がしてきますよね。

自分に自身がない人なんて、誰からも好かれないのが関の山でしょう。


■毎日が楽しくなる

次によく見かけるのがこれですね。

「毎日が楽しくなる」らしいのですが、これは正直人によるとしかいえないです。

これは一生懸命やるの質に影響されてくるものなので、こんな感じで一側面だけを取り上げていくのはNGですよね。

毎日が楽しくなるのは大切ですが、頑張る=毎日が楽しくなるとは限りません。




■ 周りは応援したくなる

そして、周りは応援したく成るのだそうですが、もうどうしたんでしょうか。

自分が一生懸命やるのは大切ですけど、周りに応援してもらうために一生懸命やるわけではないのです。

さらに、周りが応援してくれないことだって多々あります。

この辺のテキトーな意見にかんしては、見ていて目を覆いたく成るような悲惨さですよね。

まぁともあれ頑張ることは大前提であることを知っておくのは大切です。


■頑張ることは大前提

あたりまえですが、頑張ることは大前提です。

頑張らなくてもいいんだよ?みたいな謎の言葉が流行してますけど、これって意味無いですよね。

「私、頑張る!」などと言っている人も謎です。

普通に見ていて「じゃあ今まで頑張ってなかったの?」ってなりませんか?

頑張っているのが普通なので、頑張らない状態の意味がわからない…という人こそ、本当にモテるタイプと言えるでしょう。

しかしある意味、まわりに共感はされにくいので部分的に孤独を感じることもあるかもしれません。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は恋を楽しむなら「一生懸命」になれ!というありきたりなど正論について触れてみました。

是非参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】