彼の理不尽な文句と暴言を受け入れる毎日が辛すぎるなら打開しよう!



彼の理不尽な文句と暴言。

これが続くと鬱になってしまいますよね。

そうなってしまってからでは手に負えないこともありますから気をつけましょう。

今回はそんな打開策をしっかりと立てていきます。




■暴言パターン1

まず、軽い部類としてはその発言がブレブレの場合です。

話をしているないようがコロコロ変わったりしてしまうケースですよね。

そういったパターンは絶対に避けたほうが良いに決まっています。

普通に考えて痛々しくて仕方ないので、絶対によしておきましょう。

このあたりを理解しておくのは、打開策のためにとても重要なエッセンスなのですから。


■暴言パターン2

次に最も危険な部類として、圧倒的な罵詈雑言があげられます。

怒鳴り散らしたりしてくるケースの男性も中にはいますよね。

しかもそれで納得しないと怒りのあまり手をあげてくる男性も。

こういったタイプは特に危険なので、なんとか逃げてしまいたいものです。

これから先の未来を一緒に歩んでいってはいけない男性の典型的パターンですね。




■対策1

まず、発言がコロコロ変わる男性の場合、そもそも頭の中が不安定な可能性があります。

自分ではしっかり一貫性をもって話をしているつもりになりながらも、毎回のように話が変わる。

これは例えて言うならば、「1+1」という計算をした際に、計算するたびに応えが「2」になったり「3」になったり「4」になったりしてしまうことに似ています。

つまり、正しいことを言っているつもりで毎回計算ミスをしている。

これを正してあげるのは大事なことなのかもしれません。


■対策2

そして、ひたすら暴力を振るってくる男子に対する対策はひとつだけです。

そう、彼と離れ人間関係を断絶する意外にありません。

確かに、もしかしたらあなたに原因がある可能性もあります。

しかし、だからといって暴力を振るうのは全くの別問題なんです。

家庭内暴力だからDV、学校でやったらイジメ。

これくらいの違いしか無く、どちらにしても犯罪に近いのではないでしょうか。

犯罪者予備群と一緒にいるのはとても危険ですよ。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は彼の理不尽な文句と暴言を受け入れる毎日が辛すぎるなら打開しよう!といったポイントに触れました。

ぜひ参考にしてくださいね!
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】