彼が正直「彼女でもムリ」と感じる夏休みの過ごし方



彼が正直「彼女でもムリ」と感じる過ごし方というものがあるようです。

それには実際どのようなものがあるのでしょうか?

しかし場合によっては彼と別れたほうがいいようなケースも…。




■彼女の実家に帰省

彼女の実家に一緒に帰るのは嫌だ、という男子もいます。

よし、別れましょうこういう男子は。

完全にこの場合は結婚が脳裏によぎるからか、人見知りがすぎるからでしょうね。

どちらにしても痛すぎて相手をしてあげられません。

実家に呼んでもらえるだけありがたく思え!と考えたくなりますね。


■遠くまで運転

次に遠くまで運転は抵抗があるようです。

まぁ、コレに関してはある程度納得かもしれませんよね。

遠くまで運転するのは大変だと思いますし、交代してあげられるならいいんですけど。

彼1人で運転していくのはなかなかに大変だと思うからやめてあげましょう。

こういった点を踏まえると、遠くまで運転は辞めたほうがいいでしょうね。




■計画がギチギチ

また、計画がギチギチ過ぎるのは普通にクソでしょうね。

計画がギチギチすぎて、休みたくても休めない。

何のための夏休みなのか、全くと言っていいほどわからない。

そんな展開に導かれてしまうことすらあるようです。

こうなってしまうと残念感が出てきてしまって最悪ですから気をつけましょうね。


■毎日寝れない

そしてさらに、毎日寝れないというのもなかなかの残念ポイント。

パリピ女子による連日オールなどは、男性からしたらアホかと思うようなことです。

完全に属性違いのアホアホ女子には付き合ってられない・・と考える男性が多数。

そういうアホな女子を求める男性たちと一緒に過ごすことをオススメされることすらあるくらいなんだとか。

いくら彼氏だからといって、このあたり容赦してくれないのはなかなかキビシーですね。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は彼が正直「彼女でもムリ」と感じる夏休みの過ごし方をまとめてみました。

意外に嫌われてしまうパターンは少なくないことがわかるとおもいます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】