「友達以上の特別な存在」とか意味深に言われたくらいで思い悩むフリをする痛女にならないようにしようってまとめ!



「友達以上の特別な存在」とか意味深に言われたくらいで思い悩むフリをする人っていますよね。

これは正直痛女です。

では、それは一体何なのでしょうか?

痛女にならないようにしようって点をまとめていきましょう。




■見きる能力が足りない!

まず、こんな「友達以上の特別な存在」なんていうフレーズを言われてキュンとくる女性はいないと思いますが、一応念のため触れておきましょう。

このようなことをいってくる男性はまず、まともではないと思われます。

このような言葉でキュンとするケースは、かなり女性側に恋愛経験が少ないパターンでしょう。

そうなってしまうとかなり痛いので、避けて通りたいところですよね。

見きる能力が足りないと、こういった事態に陥ります。

そもそも「友達以上の特別な存在とか言われちゃって〜どういう意味かな〜?グフフ」みたいなセリフを言っている女を見ると、いくら顔が可愛くてもキモいですよね?


■都合のいい女パターン

まず、彼の脳内は大きくわけて2パターンにわけられるんじゃないでしょうか。

そのうちのひとつが、隙を見て都合のいい女にしてやろうと考えているパターン。

このタイプの男性と付き合っても百害あって一利なしですよね。

心と体を弄ばれた挙句、大切な時間も奪われてしまうだけ、完全にムダです。

自分の気持ちや性欲に躍らされるのではなく、頭で合理的にその男性を分析しましょう。




■男がヘタレパターン

次にこのパターンもありえます。

「友達以上の特別な存在」という言葉には、出来れば相手から告白してほしい…という感じもあるでしょうね。

しかし、これは男がヘタレであることを宣言しているようなものです。

こんな男と一緒に居たところで、まともなエスコートは期待できないでしょう。

それどころか、いざという場面で逆に頼ってくるパターンもあるでしょうから不安ですね。


■どちらにしてもゴミクズ以下?

ゴミクズ以下とは言いすぎですが、そう判断する女性も多いようです。

『お前だけだよ』とか『友達以上の存在』とか『一緒にいると落ち着く』とか、そんな言葉に1日あたり何人の女性が騙されているのでしょう。

地球の人口は70億人ちかくであるといいますよね。

実際には有りえませんが、地球人口を半々として、35億組のカップルが成立していることを想像してみましょう。

そうなった時に、34億カップルくらいはこんな感じで騙し騙されあっている気がしますよね。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は「友達以上の特別な存在」とか意味深に言われたくらいで思い悩むフリをする痛女にならないようにしようってまとめをさらにまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】