彼がときめく「お土産の渡し方」がある意味ギャグかも?



彼がときめく「お土産の渡し方」がたまに特集されていますね。

しかし、場合によってはある意味ギャグに発展してきていますよね。

もはやなんでもアリになってきている女子サイトライターさんが氾濫してきているみたいで面白いですよね。




■特別なんだよ?

まず、彼に対して「特別なんだよ?」などと言いながら渡すのが良いらしいですね。

しかし、これはカップルでない相手にやられたらどうでしょうか?

現代社会ではむしろ、興味ない女性からもらったものは怖くて仕方ないですよね。

バレンタインチョコに自分の爪や髪の毛を混入してくる女子も居る時代ですから。

色んな意味で怖いと感じさせてしまうおみやげですから、普通に渡したほうが良いでしょう。


■手書きメッセージ

そして、手書きメッセージも喜ばれると主張されることがあります。

これは上記よりはまだマシでしょうね。

特別なんだよ?みたいなことを言っただけであれば、他に仕掛けをされていることを警戒されがちでしょう。

だからこそ、手書きメッセージをすることで逆に「他の仕掛けはしていませんよ」というアピールになりやすいものです。

逆に、手書きメッセージ&呪いのお土産みたいな組み合わせを考案する人もいるみたいですけどね。




■あえて照れながら

次に、あえて照れながら渡すというのも、なぜかテクニックに飲していることがあります。

しかし、突然照れ始めたりすると、男性からすれば「情緒不安定ぽい」という思いを抱かせてしまうかも。

そうなってしまうと、かなり残念なことこのうえありませんよね。

普通にこういった展開は避けた方が良いに違いありません。

彼に嫌われないようにやれることをしっかり考えて渡すのがベストですよね。


■時間差攻撃

そして最後にピックアップするのはこれです。

時間差攻撃で渡すのが良いと紹介されていることもあるようですが。

おみやげの話、旅行の話をしたあとに、全く別のタイミングでお土産を渡すのが良いと言われているようです。

しかし、こんなことをしていたら、完全に空気がよめない人と思われて終わるでしょう。

何はともあれ、常にキュンキュンさせようという姿勢がまた、嫌われる原因にもなりがちです。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は彼がときめく「お土産の渡し方」がある意味ギャグかも?といった点を掘り下げました。

ぜひ参考にしてみてくださいね1
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】