間接的SNSでジワりと迫ると嫌われるってホント?



間接的SNSでジワりと迫るのがいい!と噂になっていますが、それによるデメリットも大きいことをご存知でしたか?

今回は誰しもが公開したがらなかった、そんな危険なSNSテクニックを公開していきます。

間接的なSNS技で嫌われてしまうので、気をつけていかなければいけないのは事実でしょう!




■相手の心が離れていく間接ワザ!

SNSを使用すればするほど、相手の心が離れていく…とは、色々なところで語られている一般常識。

これによって多くの人が損をしてしまっていることは間違いありません。

特に危険なのは、SNSによるポエムでしょう。

自分の気持ちの昂ぶりを出す場所がないが故に、ポエムをぶち込んで気分を紛らわせようとしている人が多いみたいですね。

このことを考えると、周りがドン引きしていることは間違いありません。


■読む人の気持ちを考える

やはり相手が気持ちよく楽しめるのが最もベター。

関係を築くには1:1のやり取りを大事にするのが大切です。

みんなに送れるタイムラインなどは非常に便利ですが、読む人の気持ちを考えると非常に危険。

このようなことをしていると、引かれてしまうのも事実であるといえます。

読む人としては「時間を取られた上に病みポエムでマイナス効果」になってしまうことがあるのです。

こういった天を踏まえていくと、様々な意味で嫌われてしまうトリガーになってしまいがちでしょうね。




■過去の恋愛履歴がウザい

そして、過去の恋愛遍歴がウザがられてしまう可能性が高いのも非常に難点です。

相手にとって楽しい時間を過ごせればそれにこしたことはないのですが、やはり一緒にいると相手の過去も気になってくるもの。

そんな時に、LINEのタイムラインをはるか昔まで遡って観察されることもあります。

そうした場合に知らない男と楽しそうにキスしている写真などが見つかってしまったら…。

当時は楽しかったとしても、今となっては晒せない黒歴史を知られるわけにはいきません。


■「恋人いない」アピールがクドい

ここ最近はテレビや雑誌等によって、女性は恋愛に煽られまくっています。

そして、それに対して男性も気づいていることは確実です。

よって、SNSを多用している様子が伝わりすぎると、恋人いないアピールをしていると解釈されることもあります。

こうなってしまうと非常に残念な人というレッテルを自ら張っているのと同じですよね。

恋人いないと口ではいっていなくても、総解釈されてしまってはおしまいなのです。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は間接的SNSでジワりと迫ると嫌われるってホント?といった点について触れてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り!


あわせて読みたい