傘ボンって何?相合傘を利用して距離を縮める方法4選!



梅雨の季節だからこそ、相合傘で距離を詰めたいところですよね!

そこで今回は相合傘を利用して距離を縮める方法をまとめていきましょう。

噂の必殺テクニック「傘ボン」も使いこなせれば、完全に一流かも?




■濡れちゃうから入りなよっ!

イマドキ男子に一番ウケると言われているのがこれ!

やっぱり女性から誘ってもらえるのがベストのようです。

男性からはなかなか言いづらいというのが正直なところらしいので、ここは女子から攻めましょう!

そうるすことによって、相合傘成立率は一気に高まること間違いなし!

男子から待って永久に誘われないくらいなら、女子から行くのがグッド!


■傘忘れちゃった

傘を忘れちゃったから入れて欲しいんですけど…って感じでいくのもいいですね!

これによって男子の恋心をくすぐることが出来ます。

年齢的に二十歳を超えてしまえば、簡単に相合い傘を誘ってくれる男性もいますけど、学生は特に向こうから誘ってくれにくいというもの。

そういう時は女子のほうからいくほうがベストですね!

そうすることで、誰よりも早く素敵な学生恋愛を押下できるかもしれません!




■傘がさせない!

荷物が多くて傘がさせないことをアピールするのもテクニック!

そうすることで、男子もまた相合い傘を手伝ってあげやすくなります。

これは恥ずかしがりの男子とか、面倒くさがりの男子に効果的ですね。

普通に相合い傘を申し入れたら、「良いよ、おれ濡れていくから貸してあげる」みたいになるケースもあるのです。

そういう時は、腕ごと借りてしまうのがベストテクニックですね!


■傘ボン作戦!

そしてさらに魅力的な最終奥義がこれです。

彼の目の前で傘ボンをして、傘をぶっ壊してみましょう。

傘がひっくり返ってしまうアレです。

男性はあの状態がもれなく大好きだったりする傾向に有るようですから、場合によっては爆笑からの相合傘に発展することもあるのかも。

彼も一緒に傘ボンして遊び始めるかもしれませんが、それはそれで置いておきましょう。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は相合傘を利用して距離を縮める方法4選をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】