うわ、キモ!「この子ブリッ子だな」と見抜かれてしまう決定的瞬間!



男性からして、ブリっ子女子は最初はいいけど段々嫌になってくる人が多いというもの。

そして、そういったケースを踏まえると、男性は結果的にぶりっ子を避けていることが多いようです。

そこで今回は「この子ブリッ子だな」と見抜かれてしまう決定的瞬間をまとめていきます。




■男の前だけ言葉が丁寧?

男の前だけ言葉が丁寧な女子っていますよね。

これに関しては、男性はかなり敏感なようです。

いくら人間的に好きであっても、裏では「〜じゃね?」「〜だろ?」「クソ」などといった言葉遣いをする女性は完全にぶりっ子認定されてしまいます。

表面上取り繕っても、その女子の言葉遣いがそこまで悪ければ、民度とか品性を疑われてしまうようです。

女性がゲスな男性を嫌うように、男性もゲスな女性を嫌う傾向があるらしいので気をつけたいですね!


■身振り手振りがやたら多い

身振り手振りがやたら多かったりする女性は、純粋にウザがられることが多いのだとか。

喋ってる途中に手がヒラヒラヒラヒラしていると、むしろ気が散って鬱陶しいと感じられるそうです。

あからさますぎる上目遣いなどと同様、男性から嫌われてしまう傾向にあるみたいですね。

こういった身振り手振りは必要最低限、バランスを考えて使いましょう。

自分が可愛く見られるためにどうこうするのではなく、相手にとってウザがられないように考えるのがベスト!




■自分のことを名前で呼ぶ

そして、自分の事を名前で呼ぶ女子はぶりっ子だと思われがち。

そういった感じの言葉を使っていると、色々な場面でイラつかれやすいようです。

男性的には、自分の名前を使ってこういった方法を取るのは、納得行かないことが多い様子。

場合によっては過剰な男性によって、ぶりっこの濡れ衣をかけられてしまうこともあるみたいですね。

そう考えると、自分のことを名前で呼ぶのは避けたほうが良いでしょう。


■男の前だけアヒル口…だと?

最後に触れたいのがこれ。

人の話を聞くときにアヒル口を無理に作ってきたりすると、男性としてはキモいとしか思わないようです。

男性としてはそういったところに敏感みたいですね。

逆の立場に立ってみるとわかりますが、あなたが一生懸命話してる時に、男性がアヒル口をしてきたらウザいですよね?

それと同じことが男性の心理にも起こっているようです。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は「この子ブリッ子だな」と見抜かれてしまう決定的瞬間をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】