絶対避けろ!危険な勘違い男子のセリフ4選!



世の中には女性に対して過剰なまでの妄想をしてしまっている男性が多々存在します。

そして、その妄想が爆発した結果、悲惨な事件に繋がることもあるのです。

そこで今回は、危険な勘違い男子のセリフについてまとめていこうと思います。




■甘えていいんだよ

甘えていいんだよ、というセリフを吐く男性は要注意かもしれません。

というのも、甘えていいんだよ、というセリフを吐く時点で、かなりの下心があることは明白でしょうからね。

女性としては「お前が甘えて欲しいだけだろ」と思ってしまうのが普通のセリフ。

しかし、何故か上から甘えていいんだよ、などと言ってくるのです。

そして、こういった男性であればあるほど、女性経験が少なく恐ろしいですね。


■頑張りすぎなくていいよ

次に危険なのはこのフレーズ。

頑張りすぎなくていいよ、などと、いかにも優しい男を演じようとしてくるパターンです。

しかし、頑張らなければ頑張らないほど人間は無気力になっていくいきもの。

頑張れば頑張るほどキラキラと毎日が輝いてくるものです。

このフレーズはあるいみ「おれといっしょにダラダラと破滅しよう」と言っているようなものかも。




■愚痴なら聞くよ

このフレーズも口説きの時によく聞きますね。

愚痴なら聞くよ、などと言ってくるタイプに限って、実際に愚痴を言うとなにかと「解決策」を見出そうとしてくるのです。

愚痴る時ってだいたいのケースは単なる共感がほしいだけなので、解決策なんて必要ないですよね。

つまり、女性心理をわかっていない男性ほどに、この言葉を放ってくる傾向にあるようです。

当然、こういったタイプに愚痴っても、女性側のストレスが溜まるだけでしょうね。


■壁ドン

最後はセリフじゃないですけどこれですね。

やはり壁ドンは流行りの感じですけど、もはや古い行動となってきています。

事故みたいに壁ドンになってしまう…ということであればいいんですけど、やたらめったら壁ドンを狙ってくる男子が未だにいるようです。

壁に恨みを持っているのか、女の尻をおいかけまわしたいのかは不明ですが、少なくとも色ボケしてしまっていることは間違い無さそうですね。

当然こういった男性は女のことしか頭にないでしょうから、避けたほうが懸命です。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は危険な勘違い男子のセリフ4選をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】